スポンサードリンク

左右水腎症とは?原因と症状、治療について


水腎症は腎臓に尿がたまってしまう病気です。
進行すると脇腹の痛みや吐き気、不快感、違和感を覚えることもありますが、
逆に全く症状がないまま病気が進行するケースもあります。

スポンサードリンク

原因

水腎症には大きく分けて先天性のものと後天性のものの二つに分けることが出来ます。一般的に子供の水腎症は先天性のものが多く、
中年以降は後天性のものが多くなります。

 

 

先天性の場合はうまれつき尿管背が狭かったり、
あるいは尿管に何らかの異常が起こることによって水腎症になります。
尿管と腎盂が接合する位置が高すぎたり、あるいは腎臓の位置が人より低かったりすることによって発症します。

 

 

後天性の場合は尿管結石、腎結石などの尿路結石、
あるいは腎盂がん、尿管がんなどのがんが原因となります。
女性の場合は妊娠中に子宮が大きくなりすぎて腎臓を圧迫して水腎症の症状が出ることもあります。
この場合は出産が無事に済めば、水腎症の症状も消えていきます。
その他、ありとあらゆる尿道の病気が原因となり得ます。

 

 

症状

水腎症は腎臓でできた尿が腎臓内部にたまることによっておこります。
次第に腎機能が低下して様々な症状が現れることもありますが、
腎臓は肝臓と並んで沈黙の臓器といわれており、必ずしも目立った症状が出るとは限りません。

 

 

症状は尿路がふさがれている場所やその原因、時間などによって異なります。
閉塞が急速に起こった場合には障害が起きた場所の痛み、不快感が生じます。
この場合の症状はかなり苛烈なので、気が付かないということはないでしょう。

 

 

ただし閉塞がゆっくりと進行している場合はそれだけ症状も緩やかになり、
場合によっては全く自覚症状がないまま進行していくこともあります。
尿の流れが滞っている場所が膀胱と腎臓の間の場合は片方の腎臓が、
膀胱から尿道の場合は両方の腎臓が水腎症になります。

 

 

片方の腎臓のみが水腎症になるケースの方が圧倒的に多いのですが、
両方の腎臓が水腎症になってしまうと慢性腎不全につながります。
慢性腎不全は進行するにつれて症状が重くなっていき、
最悪の場合尿毒症になることもあります。
もしそうなってしまえば人工透析は避けられず、QOLの大幅低下を招くことになります。

 

 

いったん慢性腎不全になるとそれを回復させることは極めて困難になるため、
そもそも慢性腎不全にならないような工夫をすることが大切です。

 

 

治療

水腎症の予防はその原因や箇所によって治療法は異なります。
軽度の場合はまず根幹となっている病気を治療し、尿の流れを取り戻します。
それが不可能な場合は反対側の腎機能の確認を行った上で、腎臓を摘出することがあります。
どちらにせよ早めの治療が大切です。

 


スポンサードリンク
2015年1月3日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気