スポンサードリンク

尿失禁の種類と対策は?高齢者や男性でも注意が必要


本人の意思とは関係なく尿が漏れ出てしまう状態を尿失禁といいます。
尿失禁には大きく分けて

 

 

腹圧性尿失禁
切迫性尿失禁
溢流性尿失禁
真性尿失禁
反射性尿失禁

 

 

の5種類があります。

スポンサードリンク

腹圧性尿失禁
特に女性に多く見られるタイプの尿失禁です。
席やくしゃみをしたとき、重いものを持ちあげた時など、
おなかに力がかかったときに尿がちょろっと出てしまうのが特徴です。

 

 

原因は出産や老化によって尿道括約筋、骨盤底筋群の力が弱くなったこと。
腹圧がかかると膀胱が押されるため、尿が漏れ出てしまうのです。

 

 

骨盤底筋群を鍛えると症状が改善されます。
改善しないときには手術や薬物療法を取り入れることもあります。

 

 

切迫性尿失禁
突然激しい尿意を感じて、トイレまで我慢できずに漏らしてしまう状態です。
女性ばかりでなく男性にも見られ、特に高齢者に多い病気です。

 

 

原因は排尿中枢の障害が起こる脳血管障害、
脳動脈硬化症、前立腺肥大症、膀胱炎、前立腺炎などです。

 

 

治療は薬物療法が効果的です。
抗コリン薬、三環系抗うつ薬などが用いられます。

 

 

溢流性尿失禁
排尿障害の一種です。膀胱が満タンになった状態から、
少しずつあふれるように尿が出てきます。

 

 

原因は神経因性膀胱、前立腺肥大症、尿道狭窄などです。

 

 

治療に当たってはまずは原因となっている病気を取り除きます。
それとともに薬物療法を並行して行うと治癒する率が高くなります。

 

 

真性尿失禁
尿路以上による尿失禁です。膀胱に尿がたまらず、尿道以外から漏れてしまう状態です。
尿管異所開口、膀胱膣瘻などが主な原因です。

 

 

先天的な場合もあれば、後天的な場合もあります。
後天的に真性尿失禁になる要因には手術の外傷、放射線治療などが挙げられます。

 

 

治療は手術療法を行うのが一般的です。

 
反射性尿失禁
反射性尿失禁とは尿意を感じることが出来ずに失禁してしまうことです。
通常、膀胱に尿がたまると我々は尿意を感じますが、
脊髄損傷などによって感覚神経が障害されると、
尿意を十分に感じられなくなることがあります。

 

 

そのため、膀胱にはすでに尿がたまっているにもかかわらず、
それに気が付かずに尿失禁してしまいます。

 

 

治療にあたっては薬、自己導尿、排尿訓練などが効果的です。

 

 

尿失禁で一番重要になってくるのは問診です。
既往歴、手術経験などがわかれば、自然と尿失禁の原因が見えてくるものです。

 

 

検査は尿検査、尿流動態検査、超音波検査、内視鏡検査などが行われ、
総合的な観点から尿失禁のタイプを判別します。
恥ずかしがらずにまずは病院に行ってください。


スポンサードリンク
2014年11月10日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気