スポンサードリンク

小児と大人の喘息の対処法と完治への道のり、症状診断で再発防止を


喘息とは、空気の通り道である気管支(気道)が急に狭くなり、
呼吸がしづらくなる病気です。小児に多く見られる病気ですが、
大人でも症状が見られることがあります。
それほど珍しい病気ではありませんが、放置すると死に至ることもあり得るため、
正しい対策をとることが重要になってきます。

スポンサードリンク

原因
喘息にはアレルギーが原因であるアトピー型と、
アレルギー以外が原因である非アトピー型があります。
小児の約9割、大人の約7割はアトピー型です。

 

 

アトピー型のアレルゲン(アレルギーの原因)はダニ、ハウスダスト、カビなど様々です。
非アトピー型の場合はストレスや特定のウイルス、たばこの煙などが原因となります。

 

 

症状
これらの要因により気道の粘膜に慢性的な炎症が出来、
気道の筋肉が収縮して呼吸がしづらくなり、喘息を引き起こします。
喘息を放置すると気道は不完全な状態で再生されます。
これを気道のリモデリングといいます。リモデリングが起こると気道が更に過敏になり、さらに重症化します。

 

 

喘息発作が出ると呼吸困難が生じ、ゼーゼーという低い音と、
ヒューヒューという高い音が聞こえるようになります。
その他せき、痰などの分泌が盛んになります。
重症化すると横になれず、座ると楽になります。

 

 

症状は夜間から早朝にかけて出やすい傾向にあります。

 

 

対処法・治療
喘息を放置した場合、治る確率は子供では5割を超えていますが、
大人では1割以下です。大人の喘息は特に適切な治療を行うことが大切です。
適切な治療を行えば、たとえ治らずとも症状を消し去ることが出来、
喘息でない人と同じように生活を送ることが可能です。

 

 

治療は薬物療法が中心となります。
薬物療法では長期管理薬(気道の炎症を改善する薬)と、
発作治療薬(発作が起きた時に気道を広げる)の2種類があります。

 

 

普段は発作がなくても長期管理薬を使い、炎症を改善させていきます。
それでも発作が起きた場合には発作治療薬を使い、苦しさを緩和します。

 

 

また、発作の原因がわかっている場合はそれを生活環境から排除することも必要です。
喘息の主な原因はダニです。掃除を普段から念入りに行い、ダニを除去しましょう。

 

 

再発
子供の時に治ったはずの喘息が再発するケースがあります。
その場合は咳などの激しい症状が続いても、喘息だとわからないことがあります。
風邪が長引くなと思ったら、迷わず医師の診察を受けるようにしましょう。

 

 

なお、喘息を再発させる最大の要因はタバコです。
子供の頃に喘息にかかったことがある人は、
タバコを吸わないようにしましょう。また、副流煙にも注意しましょう。


スポンサードリンク
2014年8月25日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気