スポンサードリンク

子宮内膜症の症状は腰痛や熱、痛みなど。原因とアレルギーや流産、あややもかかった難病


子宮内膜症は女性特有の病気の一つです。
あの「あやや」こと松浦亜弥さんもかかった難病で、
現在の日本には潜在患者数が100万人~200万人いるといわれています。

スポンサードリンク

子宮内膜症は、本来は子宮の中にあるべき子宮内膜という組織が、
子宮の外にできてしまう病気です。

 

 

子宮内膜とは子宮の内側を覆っている組織です。
これが膣、外陰部、さらには腹膜や肺、リンパ膜などにできるのが子宮内膜症です。

 

 

子宮には月経血を排出する機能がありますが、
膣や外陰部にはそうした機能がないため、
血液がたまり臓器や組織に影響を与え、臓器がねじれたり、ひきつれたりします。

 

 

主な症状は月経痛です。子宮内膜症ではプロスタグランジンという子宮を委縮させるホルモンが大量に出るため、
激しい痛みが生じます。痛みの強さや部位は人によって異なるようですが、
一般的には腰痛や腹痛などが現れます。

 

 

通常の月経痛では考えられないような痛みが続く場合は、
子宮内膜症を疑った方がいいでしょう。

 

 

また、頭痛や吐き気、下痢、発熱などを伴うことがあります。
これらの症状は風邪にもよく見られるものであるため、
気が付くのが遅れることが多々あります。

 

 

症状が進行すると、痛みや不快感で日常生活や仕事がままならなくなることもあります。
場合によっては流産することもあるため、注意が必要です。

 

 

子宮内膜症はかつては30代後半~40代に多く見られた病気でしたが、
最近は20代~30代前半の若い女性にも多く見られます。

 

 

前述の松浦亜弥さんも発病当時は20代でした。

 

 

子宮内膜症の原因はまだ明確になっていませんが、
一説によればアレルギーがかかわっているといわれています。

 

 

また、子宮内膜移植説という説もあります。
これは生理の際に出た血液が卵管の方に逆流して腹部付近にたまることが原因で起こるという説です。

 

 

子宮内膜症かな?と思ったら
子宮内膜症の疑いがある場合は、精密検査を行います。
精密検査には超音波検査があり、超音波検査はさらに腹部超音波診断と経膣超音波診断があります。

 

 

また、MRIやCTを使った画像診断、血液検査などもメジャーです。
これらの検査を総合的に勘案したうえで、子宮内膜症か否かの判断を下します。

 

 

なお、現在は自宅で気軽に子宮内膜症の検査を受けられるキットも存在しています。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

 

子宮内膜症はもはやマイナーな病気ではありません。
治療法もある程度確立されており、手術や薬物療法で症状を緩和することが出来ます。
詳しい治療法については、こちらのページをご覧ください。

子宮内膜症の治療と入院期間についてはこちら


スポンサードリンク

コメントを残す