スポンサードリンク

女性の膀胱炎の原因と自然治癒の可能性について。


膀胱が感染症にかかったことにより炎症を起こす病気、それが膀胱炎です。

スポンサードリンク

症状
膀胱炎には急性膀胱炎慢性膀胱炎があります。

 

 

急性膀胱炎には排尿時のずきんとした痛み、
血尿、残尿感など排尿に関するトラブルなどの症状が現れます。

 

 

慢性膀胱炎の場合は腹部不快感などのはっきりしない症状があるのみ、
というケースも珍しくありません。

 

 

男女差・年齢差
女性の方が尿道括約筋が弱く、尿道も短いため膀胱炎にかかりやすいといわれています。
男性の場合は膀胱炎に単独でかかるというケースはまれで、
前立腺肥大症膀胱結石などほかの病気と併発することが多いです。

 

 

年齢別に見た場合は女性は思春期や若年層から老年期まで広くかかるのに対して、
男性の場合は中年期以降にかかることが多いようです。

 

 

原因
急性膀胱炎の場合は、細菌感染が原因であることが大半です。

 

 

膀胱には自浄作用があるため、多少細菌が入っても排尿時に流れて行ってしまうのですが、
排尿を我慢したり、あるいは性交渉やストレスなどによって細菌が増えると、
自浄作用が追い付かずに膀胱炎になります。

 

 

慢性膀胱炎の場合は最近のほか、尿路の病気が原因となることがあります。
放射線が原因となる場合や、基礎疾患や病原菌が特定できない場合もあります。

 

 

診断
まずは問診を行い、いつから、どんな自覚症状があったのかを聞き取ります。
そのうえで尿検査、、腹部超音波検査(エコー検査)、残尿測定、採血検査などを行います。
尿検査の際には中間尿を採取します。
中間尿とは尿の出始めと出終わりの真ん中の尿です。
出始めの尿は細菌が多く、膀胱炎でない人でも膀胱炎であると診断されることがありますので、避ける必要があります。

 

 

治療
急性膀胱炎で症状が軽い場合は、水分摂取量を増やして尿量を増やすことにより、
膀胱にたまっていた細菌が洗い流され自然治癒する場合もあります。
膀胱炎になると排尿時の痛みがあるため、水分摂取量を減らす方がいますが、これはむしろ逆効果です。

 

 

急性膀胱炎でも自然治癒が難しい場合や慢性膀胱炎の場合には抗生物質を投与します。
急性膀胱炎の場合、大体投薬数日で症状が改善されますが、
1週間から2週間程度の服用をしないと症状が再発しやすいので、
自己判断で薬を辞めてはいけません。

 

 

慢性膀胱炎の場合は治療はもっと長くなります。
また、原因となる基礎疾患がある場合には、
そちらを治療しないと根本的に改善されたことにはならないので注意が必要です。

 

 

抗生物質は市販薬として販売されていることはないので、
病院に行かずに治療をする場合は漢方や抗炎症薬を使います。
ただし、これらの薬の効き目は人によってまちまちなので、
根本から治療したい場合は病院にかかることを強くお勧めします。

 

 

出血性膀胱炎
出血性膀胱炎とは肉眼で見えるほど尿に血が混じるタイプの膀胱炎です。
子供がかかりやすく、アデノウィルスというウィルスが原因となります。
排尿時に痛みがありますが、アデノウィルスに効く薬はないため、
自然治癒で直す必要があります。

 

 

通常は安静にしていれば3日程度で目に見えて尿に血が混じることはなくなり、
潜血反応も10日もすればまずでなくなります。
残尿や発熱があることもありますが、重症化することは非常にまれです。

 

 

子供は自分の症状を伝えることが下手なので、
何かおかしなところがあれば親御さんの方から声をかけてあげるようにしてください。

 

 

心構え
膀胱炎は一度かかると再発しやすい病気です。
トイレを長時間我慢すると、膀胱内で細菌が増えていきます。
トイレには定期的に生き、膀胱内の細菌を早めに出すように心がけましょう。
水分も十分にとり、多く排尿することを心がけましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す