スポンサードリンク

大腸・胃内視鏡検査とは何か?検査で何がわかるの?


内視鏡とは、体外から体の中に挿入して、体の内部や臓器の表面を写真撮影するための機会のことです。金属間ででき硬性内視鏡と、曲がる光ファイバーでできたファイバースコープに分類できますが、最近はファイバースコープが使われることが多いようです。

 

 

最近は皮膚にあけた穴から内視鏡を挿入する手術も増えています。腹部や胸部を大きく切開しないため、患者への負担が外科的手術よりも少いのがメリットです。

 

 

胃内視鏡検査とは?

胃内視鏡検査は内視鏡(胃カメラ)を使った検査です。胃カメラの先端には小さなカメラが付いており、それで撮影したものをモニター画面に映し出して観察します。以前は苦しい検査の代名詞として使われていた胃内視鏡検査ですが、最近は治療技術の発達により依然と比べると非常に少ない苦痛で検査が受けられるようになりました。

 

 

胃内視鏡検査人は口から挿入するものと鼻から挿入するもの(経鼻内視鏡検査)があります。一般的には鼻から挿入するタイプのほうが細く苦痛が少なくため好まれます。口から挿入するものは大体太さ1cm、鼻からの場合は5mm程度です。

 

 

経鼻内視鏡検査の流れ

検査前日の午後9時から検査終了までは水以外はとってはいけないというのが一般的です。
検査当日も検査が終了するまでは何も飲食してはいけないというのが決まりです。
薬は前日は服用してもOKですが、当日は服用してはいけません(どうしても必要な場合は相談)。煙草も吸ってはいけません。

 

 

検査の前には胃の中の泡をとる消泡剤を服用します。次に鼻の粘膜を広げる薬を噴霧し、少し待ちます。
次に胃の動きを鈍くするための注射をして、検査を行います。

 

 

検査終了後30分は飲食、タバコ厳禁です。

 

 

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査は、内視鏡(大腸カメラ)を使った検査です。近年増えている大腸がんをはじめとする大腸の病気をチェックする際に必要になる検査です。以前は苦しい検査として知られていましたが、最近は医療技術の発達により痛みも少なくなりました。中でも専門医が行う検査は少し痛いだけの検査として知られています。

 

 

大腸内視鏡検査の場合も胃内視鏡検査と同様に、検査当日は飲食物やタバコ、薬などは摂取してはいけません。どうしても服用しなければならない薬があるときは医師に相談しましょう。次に下剤を飲み、大腸内をきれいにしてから検査を行います。

 

 

内視鏡治療とは

内視鏡では簡単な治療を行うことができます。食道静脈瘤(りゅう)や胃・十二指腸潰瘍(かいよう)からの出血の止血、食道・胃や大腸のポリープおよび早期がんの切除、進行した胃がんや大腸がんで起きる通過障害の、レーザー焼灼や金属製ステント挿入による解除など、内視鏡治療の用途は少なくありません。


スポンサードリンク