スポンサードリンク

大人や子供・高齢者の肺炎の症状をチェック。治療期間はどれくらい


肺炎はメジャーな病気であり、時には命の危険性もある恐ろしい病気です。
適切な予防によって、ほとんどの肺炎を防ぐことが出来ます。

スポンサードリンク

症状
肺炎にかかると、熱やせき、悪寒や食欲不振などの症状が現れます。
これらの症状は風邪にも似ていますが、風邪の場合はこの程度で症状が治まるのに対して、
肺炎は進行すると咳、痰、呼吸困難、発熱による脱水症状などの症状が現れることもあります。

 

 

肺炎の種類
肺炎は大きく分けて市中肺炎院内肺炎があります。
市中肺炎は簡単にいえば病院外でかかる肺炎です。

 

 

一方、院内肺炎は他の病気で入院している最中になる肺炎のことを指します。

 

 

入院中は体力が落ちていることも多く、市中感染と比べると症状が重症化しやすいため注意が必要です。

 

 

また、高齢者の場合は口腔内の菌が期間に入って肺炎になる「嚥下性肺炎」にも気を付ける必要があります。口腔内を常に清潔に保つことにより、嚥下性肺炎を防ぐことが出来ます。

 

 

原因
肺炎はウイルス、細菌などの微生物が肺に入り込むことによって発生する病気です。

 

 

肺炎の原因はウイルス感染、細菌感染、マイコプラズマ肺炎などがあります。
ウイルス感染は全年齢にみられるものであるのに対して、細菌感染は高齢者に、マイコプラズマ肺炎は学童期に多く見られます。

 

 

診断
胸部X線検査を行います。もしそこで肺炎の影が見つかれば肺炎となります。
また、血液検査で白血球数や炎症反応などに異常があるときも肺炎と診断されます。

 

 

治療
咳やたんを出すための薬を使います。また、水分補給のための…手や抗生物質の内服・注射など、症状に応じて様々な処置を行います。
特に子供の場合は抵抗力が弱く、最悪の場合死に至ることもあるので注意が必要です。

 

 

肺炎と入院期間
肺炎の入院期間は軽くても1週間ほど、重症の場合は1か月ほどになります。
若い人ほど短くなる傾向にありますが、だからと言って若い人は肺炎を放置していても大丈夫というわけではありません。

 

 

若くて健康的で活動的である大事な時間を、病院のベッドの上で過ごすのは非常にもったいない話です。
たかが肺炎と甘くみず、症状が続く場合にはきちんと検査を受けましょう。

 

 

小コラム・肺炎とタバコ
肺炎とタバコには密接な関係があります。
タバコには気道にある線毛と呼ばれる、ウイルスや細菌を外に出すための役割を果たしている部位の動きを鈍らせる働きがあります。

 

 

もしあなたが仮に1日9本以下のタバコを吸っている場合、そうでない人と比べて、肺炎のリスクは1.2倍になります。

 

 

10~20本の場合、肺炎のリスクは2.4倍になります。21本以上の場合、リスクは3倍になります。

 

 

それでも吸いたいというのならばそれを止める権利には私にはありませんが、吸いたくないのにやめられないという場合には禁煙外来に行ってきましょう。

マイコプラズマ肺炎とは
マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニューモニエという微生物が原因で引き起こされる肺炎です。
詳しくはこちらで解説しています。


スポンサードリンク

コメントを残す