スポンサードリンク

咳が止まらないが熱はない、痰がからむ場合2014年の大人はどうする?


自体はいたってメジャーな症状であり、
気にすることはない場合が大半なのですが、
時には重大な病気のサインが隠れていることもあります。

スポンサードリンク

さて、そもそも咳はどのようなメカニズムで出てくるのでしょうか。
のどは外気にさらされており、ウイルスや細菌の侵入のリスクが高い部位です。
しかし、私たちの体は、元気な時はウイルスや細菌が入り込もうとしても、
のどの粘膜の繊毛がこれらを異物として外に送り返してくれます。

 

 

しかし、風邪などで抵抗力が弱っていると、繊毛の働きが低下します。
そのため、体は咳という形で異物を外に出そうとします。

 

 

咳に関連する重大な病気
痰が絡んだ席の場合は、風邪の可能性が大です。
咳が突然出るようになった場合には、まずは熱を測ってください。
そこで熱があったとしたら、まずは病院に行って検査を受けましょう。

 

 

この場合は咳を無理に止めようとするとウイルスや細菌が外に出て行かなくなるので、咳止めを服用するのはなるべくやめましょう。
風邪の場合は数日もすれば治ることが大半ですから、
咳を受け入れてください。
咳関連の記事
長引く咳を止める方法は?
咳が止まらないが熱がない場合は?
喉頭がんで咳が出る?
赤ちゃんの咳と結核
ただし、咳の原因がすべて風であるとは限りません。
たとえば、結核の場合は風邪と似たような症状が現れます。
結核は50年前までは日本人の死亡原因の第1位だった危険な病気です。

 

 

しかし、現代では結核の治療方法は確立されており、
適切な薬物療法を行うことによってまず治る病気です。
逆にいえば、適切な治療を行わないと危険です。
咳がいつまでも長引いて止まらない、痰が絡むという場合には、
すぐに病院で検査を受けましょう。

 

 

また、乾いた咳が続く場合には、マイコプラズマを疑う必要があります。
マイコプラズマは健康な若者に多く見られる病気で、
頑固な乾いた咳と微熱、頭痛などの症状が特徴です。

 

 

クラミジア肺炎も咳が出る病気です。クラミジア肺炎はハトやオウムなどの鳥に寄生して、その羽根や排せつ物などから人に関連する病気です。

 

 

そのほかにも様々な肺炎で咳が出ますので、
咳が続く場合には肺炎を疑う必要があります。

 

 

また、ときには血が咳に交じって出てくることもあります。
咳のし過ぎで食道やのどが傷ついていることが原因である場合は心配いりませんが、
もっと重い病気などの可能性もありますので、
いずれにせよすぐに診察を受けることが大事です。

 

 

咳は無理に止めようとしない
咳は苦しい症状なので止めたくなる気持ちはわかりますが、
無理に止めることはお勧めできません。
風邪などの場合にはかえって治癒が遅れることがありますし、
もっと重大な病気の場合は発見を遅らせることになります。
いずれにせよ咳が続くという場合には、繰り返しになりますが病院で検査を受けることが大事です。


スポンサードリンク

コメントを残す