スポンサードリンク

内臓脂肪型肥満の原因と判定とは?


内臓脂肪型肥満とは、肥満のタイプの一つです。

 

 

肥満は大きく分けて皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満に分類できます。皮下脂肪型肥満は皮下組織に脂肪が大きく蓄積されている状態です。主に女性に見られるもので、下半身の肉付きがよくなることから「洋ナシ型肥満」と呼ばれます。内臓脂肪型肥満と違い動脈硬化を進行させる心配はありません。

 

 

それに対して内臓脂肪型肥満は内臓組織に脂肪が大きく蓄積されている状態です。主に男性に見られるもので、おなか周りが大きくなりやすいことから「リンゴ型肥満」とも呼ばれています。BMIが25未満で、見た目には太っていないのにもかかわらず内臓脂肪が蓄積していることもあります。これを「隠れ肥満症」といいます。

 

 

皮下脂肪型肥満か内蔵脂肪型肥満かを判断することは簡単ではありません。
CTスキャンをとればわかりますが、定期的にCTスキャンを受けるのは現実的な話ではありません。
ウエストの太さで判断するのが一般的です。内臓脂肪型肥満の判定基準は男性で85cm、女性で90cmです。

 

 

ところで、そもそも肥満とはなんなのでしょうか。
簡単に言えば体脂肪が多い状態ですが、体脂肪量を日常的に計測する人はあまりいないのではないかと思います。スポーツ選手でもない限りは体脂肪量と体重はおおむね創刊しますので、実用的な指標として体脂肪が使われています。肥満の測定につかわれることが多いのがBMIです。

 

 

BMIとは体重(kg)を身長(m)の2乗で割ったものです。たとえば、身長175cm、体重70Kgの人のBMIは70÷(1.75)2=22.8となります。

 

 

日本肥満学会では、この指数が25以上になっている状態を肥満と呼ぶことにしています。一方、標準的なBMIを22としています。この22という数字は、調査から最も病気が発生しにくいことがわかっています。

 

 

逆に言えば、標準体重を求める際には、身長(m)を2乗したものに22をかければいいことがわかります。
たとえば、身長175cmの人の標準体重は(1.75)2×22=67Kgとなります。

 
体重はその時々の体の水分量にも左右されます。体重はいつも同じ条件で測定すると、このブレを減らすことができます。1Kg程度の上下であれば、体重については「変化なし」と考えていいでしょう。

 

 

内臓脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満よりもさらに危険なので、改善することが重要です。
内臓脂肪型肥満は高血糖・脂質異常・高血圧などにもつながります。
内臓脂肪型肥満を改善する方法はいろいろありますが、基本的には食事と運動をバランスよく行うことが大切です。特に食事には気を使いましょう。栄養素についてよく学び、バランスよく食べるようにしましょう。


スポンサードリンク