スポンサードリンク

便秘解消には油とお茶が効く。ヨーグルトを使ったレシピでおなかすっきり


便秘とは、排便の数が通常時より少なくなることを言います。

スポンサードリンク

通常、人間は1日に1回程度の排便をすることが望ましいといわれています。
もちろん、体質や食べる量によって排便回数は異なりますが、
おおむね毎日1回の排便があれば、定期的に老廃物を体外に出すことになり、健康につながります。

 

 

器質性便秘
便秘の原因は様々ですが、腸の病気が原因で起こる便秘を器質性便秘と呼んでいます。
器質性便秘は腸の腫瘍や炎症、閉塞が原因で起こる病気です。

 

 

中でも特に危険なのが大腸がんが原因で起こる便秘です。
大腸がんでは直腸付近に腫瘍ができ、それが原因で便の通りが悪くなります。

 

 

腸の病気が原因である場合には、まずは原因となる病気を取り除きます。
それと同時に便秘薬や漢方薬を使って、便秘を緩和します。

 

 

機能性便秘
体の機能に問題があるために起こる便秘のことです。
特に食事量が少ない人、胃潰瘍や高血圧で治療薬を服用している人などは便秘になることがあります。

 
こうした便秘はあまり問題はないことが多く、
症状がない場合には医学的には差支えないといわれています。
ただし、便秘に伴う不快な症状がある場合には、適切な治療を行う必要があります。

 

 

常習性便秘
原因がよくわからない便秘を常習性便秘といいます。
常習性便秘には弛緩性便秘緊張性便秘があります。

 

 

弛緩性便秘とは緊張性が弛緩しすぎる、つまりは緊張が足りないために起こる便秘です。
多くの場合は便秘以外の症状がなく、
日常生活にも差しさわりがないので、様子を見るにとどめることになります。

 

 

一方、緊張性便秘は庁が緊張しすぎて起こる便秘です。
こちらの場合は腹痛やイライラ、吐き気などの症状が出ることがあるため、
その症状に合わせて治療を行うことになります。

 

 

便秘と食事
便秘解消のための食事法を紹介します。

まずは油について。油は体に悪いからと一切取らない人がいますが、
そういった偏った食事は逆に不健康です。
もちろん、油の過剰摂取はダメですが、適切な摂取は便通を促すだけでなく、
肌のハリや潤いの元となります。

 

 

脂肪は腸を刺激して蠕動運動(ぜんどう運動)を活発にし、便の滑りを良くします。
適切に油をとって、便通を改善しましょう。

 

 

また、お茶も便秘解消に役立ちます。
特に健康食品として宣伝されていないような普通の緑茶でも、
症状が改善されることはままあります。

 

 

水分の摂取は便通を良くします。日ごろから潤いが足りないと感じている人は、もう少し水分を大目に摂取するようにしましょう。

 

 

また、ヨーグルトには便秘解消に役立つビフィズス菌や乳酸菌が含まれており、腸内環境の整備に貢献します。

 

 

便秘解消のキーワードは、バランスの良い食事です。
油も水もヨーグルトも、あるいはそれ以外の食物も、摂取しすぎれば危険ですし、
適量にとどめれば体に良い影響を与えてくれます。

 

 

ダイエットしたいからと食事をまるまる抜いたり、
特定のモノしか食べないといったようなことは、
少なくとも当サイトでは推奨しません。バランスよく食べてこそ、真の健康が近づくと思います。

 

妊娠と便秘の関連性についてはこちら


スポンサードリンク

コメントを残す