スポンサードリンク

便秘解消には体操や薬が効く?


便秘とは、便通の回数が減って、便が固くなる症状に対する総称です。通常の場合、1日1回程度の便通がありますが、これが3日に1回になってしまったり、あるいは1週間に1回になってしまったりすることがあります。

 

便通がなくても主だった不快感や症状がない場合は特に治療する必要はないとされていますが、そうでない場合は早急に原因を解明し、治療を行う必要があります。

スポンサードリンク

便秘の中でも最もよく見られるのが、肛門の病気(主に痔)です。便通によって痛みを感じるため排便を我慢し、その結果排便回数が抑制されて便秘になります。そのほか、手術の後などに便秘になることもあれば、大腸がんなどの大きな病気が陰に隠れていることもあります。原因は一つではないことも多く、総合的な治療を必要とします。

 

 

なお、こうした明確な原因がよくわからないタイプの便秘を「常習性便秘」といいます。常習性便秘はさらに「弛緩性便秘」と「痙攣性便秘」の2つに分けることができます。弛緩性便秘は腸の緊張が悪くなっているために起こるもので、便を常にためておく癖のある人によく見られる症状ですが、それほど不快感はないことが多くあまり問題にはなりません。

 

 

痙攣性便秘は腸の緊張が強すぎるためにおこるもので、多くの場合において頭痛、イライラ、不快感、不眠、めまいなどの症状を伴います。こちらは本人が不快感を感じているケースが大半なので、早急な治療が望まれます。

 

 

便秘の養生法

便秘の原因がはっきりしている場合は、まずはその病気を治療するところから始めます。病気が改善されれば、自然と排便のペースも元に戻ることが大半です。問題は特に原因もわからず起こる常習性便秘です。これについては一般的に、以下のようなことを実践すると改善しやすいとされています。

 

 

とりあえず毎日1回、トイレに行く習慣を

便意がなくても、毎朝決まった時間にトイレに行くようにしてみましょう。総習慣づけているうちに、自然としたくなることがあります。ただし、出そうもないのに長時間踏ん張り続けるのはあまりいいことではありません。

 

 

体操や運動

常習性便秘は体力があまりない女性に起こりやすい症状です。特に腹の筋肉がないと常習性便秘にかかりやすいので、腹筋運動やおなかのマッサージなどを積極的に行うといいでしょう。

 

 

下剤と浣腸

便秘が治らない場合は、薬のまえに繊維質の豊富な食品を試してみてください。それでもダメならば下剤や浣腸を使うこともありますが、自己判断では行わず医師の指導に従ってください。


スポンサードリンク
2016年2月9日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気