スポンサードリンク

便秘薬は便秘解消に役立つ?食べ物と体操の効果


便秘とは排便回数が少なくなることです。
通常、健康な人では排便は大体1日に1回のペースで行われます。
しかし、便秘の人の場合は2日から3日に1回、あるいはもっと少ないペースでしか便通が来ません。

 

 

医学的にはたとえ人より排便の回数が少なくても不快感がなく、
日常生活に影響をきたしていないときは治療の対象となることはあまりありませんが、
排便回数が少なくなることによって何らかの不利益を被っている、
もしくは排便回数が極端に少ない場合には対策が必要です。

スポンサードリンク

 

 

排便の正常回数は大雑把に言って条件が1日3回、加減が3日に1回といわれています。
つまり、週3回しか排便がなくても本人がそれを苦痛に感じていなければ特に問題はないということになります。

 

 

むしろ排便を無理やり起こすために下剤などの薬を服用したり、
排便がないからと食べ物を取らなかったりするのは逆効果です。
特に薬は最初のうちは効果を発揮するものの、だんだんと効果が薄れてきて服用量が大きくなるので注意が必要です。

 

 

原因

便秘になる原因は様々ですが、問題のある便秘の原因の中でも最もポピュラーなのは痔などの肛門周りの病気です。

 

 

痔になると排便時に痛みを伴うようになります。
すると排便するのが苦痛になるので排便を我慢するようになり、その結果便秘になるのです。

 

 

また、手術の後に便秘になることもあります。先天性の腸の病気、
大腸がんなどが原因となることもあるので、たかが便秘と侮ってはいけません。

 

 

原因がよくわからないものについては「常習性便秘」といいます。
常習性便秘はさらに「弛緩性便秘」と「痙攣性便秘」に分類できます。
弛緩性便秘は腸の働きが悪くなっているときにおこるもので、症状は比較的軽いです。
痙攣性便秘は腸の働きが過敏になっているときにおこるもので、症状は重く、頭痛やめまい、のぼせなどを伴うことがあります。

 

 

治療
治療方法は様々ですが、原因がはっきりしている場合はそのもととなって居る病気を治療することにより、便秘も自然と解消されていくことが多いです。

 

 

常習性便秘の場合はなるべく毎日の生活習慣を整えましょう。
1日1回、朝には決まった時間にトイレに行くようにしましょう。
ただし、出そうもないのに長時間粘るのはよくありません。

 

 

体操などの運動もある程度効果があるといわれています。
腹筋を強化すると排便が楽に行えるようになります。

 

 

食事は便秘でもきちんと取りましょう。
食べ物は繊維の多いものをたくさん撮りましょう。
水分を取るのも大切ですが、利尿作用の強い緑茶、コーヒー、紅茶などはせっかく飲んでもそれが尿として排出されてしまうので効果は薄いです。

 

 

なるべく水を飲むようにしましょう。
水だけでは飽きるという方は麦茶、スポーツドリンクなどでもOKです。

 

 

便秘薬はなるべく使わないに越したことはありません。
やむ追えず使う場合も医師の助言を受けて適切なタイミングでのみ使うようにしましょう。


スポンサードリンク
2015年4月5日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気