スポンサードリンク

ピロリ菌除菌の副作用とヨーグルト、酒の効果は?


慢性胃炎の原因となるピロリ菌
そのどこかかわいらしい名前とは裏腹に、
放置しておくと胃がんにつながることもある危険な菌です。

スポンサードリンク

ピロリ菌は胃の中で悪さをし、慢性胃炎などをもたらす細菌です。
大きさは約1000分の4ミリ、ゆるやかにカーブしたフォルムが特徴です。
片方の端にはべん毛と呼ばれるしっぽがあり、これを動かしながら位の内壁を傷つけます。

 

 

ピロリ菌が発見されたのは1980年代です。
それまで医学会では胃の中は細菌が住めない(酸性が強いため)という見方が一般的でしたが、発見後はその様々な害が明らかになっています。

 

 

ピロリ菌は慢性胃炎や十二指腸潰瘍などの原因となります。
ピロリ菌は多くの場合子供の時感染し、
一度感染すると除去しない限り胃の中に居続けます。
ピロリ菌に感染しただけでは症状はありませんが、
長きにわたり放置しておくと様々な胃の病気になります

 

 

ピロリ菌の保菌率は年代によって異なります。
ピロリ菌は衛生状態が悪いところを好むため、
衛生状態があまりよくない環境で育った日本の中高齢者、
あるいは発展途上国の国民の間で保菌率が高いです。

 
ピロリ菌に関する記事一覧
ピロリ菌の検査は保険適用?
ピロリ菌とお酒の関係
日本の場合は10歳で保菌率約5%、20歳で約20%、30歳で約25%、40歳で40%、50歳以上では70~80%となっています。

 

 

ただし、この保菌者すべてが必ず病気を発症するわけではありません。
保菌者のうち慢性胃炎や胃潰瘍など、何らかの症状が出るのは5%です。

 

 

だからと言って放置しておいいというわけではありません。
現在はピロリ菌が胃がんの発生に深くかかわっていることも明らかになっています。

 

 

ピロリ菌の除去はヨーグルトなどがいいという話もありますが、
一番確実なのは病院で除菌してもらうことです。

 

ピロリ菌がいることがわかったら、早めに除去することが大切です。

 

 

最後に、ピロリ菌が原因で起こる病気を紹介したいと思います。
ピロリ菌が原因で起こる病気の中でも再メジャーなのが慢性胃炎です。
慢性胃炎は自覚症状は少ないですが、慢性的な胃の不快感、
食欲不振などが見られることがあります。
多くの場合は健康診断でわかります。

 

 

また、胃がんもメジャーかつ気をつけたい病気です。
胃がんは日本人の癌では第2位、みぞおちや膨満感があるなどの自覚症状があります。
ピロリ菌を除去することにより、発症リスクを下げることが出来ます。

 

 

ピロリ菌除菌の詳しい方法については、次の記事を参考にしていただけると助かります。
ピロリ菌除去のすべてがわかる!


スポンサードリンク