スポンサードリンク

ノロウイルスの大人や子供の症状は?下痢だけ、嘔吐のみの場合


秋から冬にかけてノロウイルスが流行します。
命にかかわるようなことは稀ですが、特に子供がかかると重症化しやすいため、
注意が必要です。正しい治療法を学んで、万が一の際に備えましょう。

スポンサードリンク

ノロウイルス感染症とは
ノロウイルス感染症は子供を中心に見られる胃腸炎の一種です。
大人では二枚貝を食べた場合などに症状が見られることがあります。
集団食中毒として発生することがあり、
経口による二次感染も起こります。

 

 

ノロウイルス感染症の症状
ノロウイルスに感染してから24時間~48時間の潜伏期間を経て、
急に症状が現れます。主な症状は嘔吐下痢などです。
これらのどちらか一方だけが現れることもありますが、
それで治療法が変わることはありません。

 

 

痛みはかなりのものですが、通常は1日、2日で終わります。
重症になると脱水症状が現れます。

 

 

回復して見た目の症状が無くなっても、
体内ではまだノロウイルスが生きているので安心できません。
回復後1週間ぐらいは他人への感染の可能性がありますので、
他人との接触は避けるようにしましょう。

 

 

ノロウイルスの治療
現時点では有効な抗ウイルス剤はなく、予防接種がないため、
かかった段階で症状を取り除く治療を行います。
下痢や嘔吐はウイルスを体外に出す反応ですので、
無理して止めることはありませんが、鎮吐薬は広く使われています。

 

 

症状がひどく脱水症状が見られるときは、
経口補液を行うこともあります。

 

 

また、症状が見られる場合は手洗いをしっかりと行うことも大事です。
特に子供がノロウイルスにかかった場合は両親が面倒を見ることになりますが、
糞便などに障ってしまった後は石鹸を使って念入りに手を洗いましょう。

 

 

ノロウイルスの予防
ノロウイルスは耐久力が高く、なかなか死滅しにくい物です。
加熱調理をした場合でも60度程度の温度では10分以上加熱しても死にませんし、
塩素に対してもある程度の体勢を持っています。

 

 

ノロウイルスの除去に有効なのが次亜塩酸ナトリウムです。
薬局などで売っていますので、それを買ってきましょう。
次亜塩酸ナトリウムでペーパータオルを浸して、
トイレや日用品、調理器具などを洗ってください。
加熱できるものについては加熱処理も行ったほうがいいでしょう。

 

 

なお、次亜塩酸ナトリウムは家庭で作ることもできます。
塩素系の市販の漂白剤(塩素濃度約5%)を250倍の水で薄めればOKです。
漂白剤を使う場合は塩素系のものと酸素系のものを混ぜるのは厳禁です。
また、熱湯を使うと消毒効果が落ちるのでこれも避けましょう。

 

 

患者が使った下着などは廃棄処分するのが望ましいです。


スポンサードリンク