スポンサードリンク

ネフローゼ症候群の原因はストレス?小児の場合の治療方法


ネフローゼ症候群とは、簡単にいってしまえばたんぱく尿のことです。
腎臓の病気ではたんぱく尿が出るのが一般的ですが、
ネフローゼの場合は特に大量の蛋白尿が見られます。

 

 

たんぱく尿が大量に出ることによって血中のたんぱく濃度が下がり、
さまざまな症状を引き起こすため「症候群」と名が付いています。

スポンサードリンク

通常、健康な人のたんぱく尿は1日0.3g、腎臓病でも1g程度です。
しかし、ネフローゼになると1日3g以上の蛋白尿が出ることが多いです。

 

 

症状
たんぱく尿を大量に排出することにより、その分血液中のたんぱくが減ります。
それによって体中に強いむくみが出ます。
むくみは下肢に出ることが多いですが、時として全身に及ぶことがあります。
肺にも水がたまるため、呼吸困難や息切れを起こすことがあります。

 

 

また、血清アルブミンの低下に伴い、資質が盛んに作られるため脂質異常症になることもあります。一般の人の血液中のコレステロール濃度は200mg/dl程度が一般的ですが、
ネフローゼ症候群では500mg/dl以上になることがあります。

 

 

ネフローゼ症候群には腎臓以外の臓器が障害をほとんど受けてない一次性ネフローゼ症候群と、他の臓器に障害が見られる二次性ネフローゼ症候群の2種類があります。

 

 

一次性ネフローゼ症候群
糸球体に起こってくる病変によって、

 

 

1.微小変化群
2.膜性腎症
3.膜性増殖性腎炎
4.巣状硬化症

の4種類に分類することが出来ます。

 

 

微小変化群は20歳前後までによく見られますが、高齢者にも見られます。
発症すると数日でむくみが出ることが多いですが、
適切な治療により回復するケースがほとんどです。

 

 

膜性腎症は中年以降によく見られる症状で、
発症の仕方は比較的ゆっくりです。
自然に警戒してしまうこともある反面、
裏側に悪性腫瘍が隠れていることがありますので注意が必要です。

 

 

膜性増殖性腎炎は若い人によく見られます。
発症は比較的ゆっくりですが、ネフローゼ症候群の中では最も慢性腎不全につながりやすいため注意が必要です。

 

 

巣状硬化症はすべての年代に見られる病変です。

 

 

二次性ネフローゼ症候群
主な原因は糖尿病性腎症、ループス腎炎などです。
糖尿病成人症は糖尿病網膜症、糖尿病性神経障害と並ぶ糖尿病三大合併症の一つです。

 

 

治療
一次性・二次性ともに食事療法が必要になってきます。
ネフローゼの食事療法の基本は減塩。大人も小児も必ず塩分を減らしましょう。
タンパク質を積極的に摂るのは、かつては有効といわれていましたが、
現代では無意味とされています。

 

 

また、薬物療法ではステロイド薬と、むくみを取る利尿剤を併用します。


スポンサードリンク
2014年10月20日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気