スポンサードリンク

自動車の自賠責保険とは?金額とバイク、コンビニでも支払い可能


今回は医療と直接的な関係はありませんが、
間接的な関係がある自賠責保険についてお話ししたいと思います。

スポンサードリンク


自賠責保険はその正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。

 

 

すべての自動車及び原付、バイクを運転する際に必ず入らなければならない保険であることから、強制保険とも呼ばれています。

 

 

自賠責保険は自動車事故の被害者となったとき、
最低限の補償を得るためのものです。
自賠責保険はあくまでも被害者の救済が第一の目的であるため、
補償額は最低限にとどめられています。

 

 

まず、自賠責保険の賠償範囲は対人事故のみです。
対物事故や自損事故に関しては補償の対象外となっています。

 

 

また、対人事故の賠償にも限度額があります。
死亡事故の場合は3000万円、傷害事故の場合は120万円、後遺障害の場合は4000万円が上限です。

 

 

自賠責保険だけでは補償が足りないと思う場合には、
任意保険に加入することになります。
現在の任意保険加入率はおよそ85%程度です。

 

 

万が一自賠責保険に加入していなかったことがばれた場合、
違反点数6点が加算され即座に免許停止処分となります。
また、1年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金刑が科されます。

 

 

事故を起こした場合はさらに悲惨で、本来自賠責保険から降りるはずだった保険金が下りないため、賠償金額をそっくりそのまま自己負担しなければなりません。
たとえ任意保険に入っていても自賠責保険に未加入だった場合は、
自賠責保険で賄われるはずだった部分はすべて自己負担となります。

 

 

そのようなことが万が一にも起きないように、必ず自賠責保険に加入しましょう。
といっても、自動車は新車購入時や車検時に必ず自賠責保険に入らなければならないため、通常は加入漏れは起こりません。

 

 

問題は車検のないバイクや原付です。
もしも今現在自賠責保険に入っていないバイクや原付を持っている場合は、
すぐに自賠責保険加入の手続きを行いましょう。

 

 

最近はセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニで自賠責保険に加入することが出来ます。

 

 

コンビニでの手続きは難しいものではありません。
コンビニに置かれている端末(ファミリーマートの場合はファミポート、ローソンの場合はロッピー)の指示に従っているだけでOKです。
必要事項を入力していくとチケットが出てきますので、
レジでお金を払って書類とステッカーを受け取ればおしまいです。

 

 

コンビニが近くにない場合はバイク屋や保険会社で手続してもいいですが、
手間や時間がかかることがあります。
コンビニの方が数が多いですし、便利なのでお勧めです。


スポンサードリンク
2014年8月14日 コメントは受け付けていません。 交通事故