スポンサードリンク

交通事故の後遺障害事例は?等級表と慰謝料、弁護士期間は?


交通事故で障害が残ったときには後遺障害が認められ、
その障害に応じて損害賠償金が支払われます。
では、具体的にどれくらいの賠償金が支払われるのか見てみましょう。

スポンサードリンク

後遺障害とは
後遺障害とは、急性期症状(事故直後に出る強い症状)が治癒した後も残ってしまう障害のことです。機能障害、神経症状などが主な障害です。

 

 

後遺障害はその軽重に応じて14級に分類されています。
最も軽いのが14級、最も重いのが1級です。

 

 

後遺障害の等級表と保険金額は以下のようになっています。

 

 

別表第一の後遺障害について
常に介護が必要な後遺障害は別表第一の後遺障害といいます。
別表第一の後遺障害には1級と2級があります。

等級 保険金額上限 労働能力喪失率 慰謝料
1級 4000万円 100% 1600万円
2級 3000万円 100% 1163万円

別表第二の後遺障害について
常に介護が必要ではない後遺障害を別表第二の後遺障害といいます。
別表第二の後遺障害には1級から14級まであります。

等級 保険金額上限 労働能力喪失率 慰謝料
1級 3000万円 100% 1100万円
2級 2590万円 100% 958万円
3級 2219万円 100% 829万円
4級 1889万円 92% 712万円
5級 1574万円 79% 599万円
6級 1296万円 67% 498万円
7級 1051万円 56% 409万円
8級 819万円 45% 324万円
9級 616万円 35% 245万円
10級 461万円 27% 187万円
11級 331万円 20% 135万円
12級 224万円 14% 93万円
13級 139万円 9% 57万円
14級 75万円 5% 32万円

なお、労働能力喪失率とは、労働能力がどれだけ失われたかを表す数値です。
労働能力喪失率5%とは、本来持っていた労働能力を5%失ってしまったということです。
失われた5%の労働能力喪失率については、逸失利益(本来得られたはずだが、事故のせいで得ることが出来なくなってしまった利益)として計算し、賠償金に上乗せされます。

 

 

後遺障害の等級は自賠責保険会社が認定します。
たとえば、上肢の露出面で手のひら大の醜い跡を残すものについては、
14級が認定されます。自身に有利となる資料を提出して、
より高い等級認定を受けられるようにしましょう。

 

 

等級認定の相談は弁護士に
後遺障害等級認定は任意保険会社との戦いです。
保険金を払ってほしい被害者と、払いたくない保険会社の利益は真っ向から対立します。
そんなときに頼りになるのが弁護士です。
適切なアドバイスをもらいながら事務処理を進めれば、
適切な後遺障害等級認定が受けられる可能性も高まります。


スポンサードリンク
2014年8月29日 コメントは受け付けていません。 交通事故