スポンサードリンク

鼻うがいの効果と注意点


花粉症や鼻炎などの症状緩和・予防に役立つとされている鼻うがい。メリットも多い一方で、正しいやり方で行わないと効果が半減してしまうという一面もあります。今回は鼻うがいによって得られるメリットと、最も効果が上がる鼻うがいの方法について解説したいと思います。

スポンサードリンク

鼻うがいで得られる3つのメリット

鼻うがいとは、鼻の中をうがいして洗い流すことです。うがいといえば口内、喉を清潔に保つためというイメージが強いかと思いますが、鼻の中もうがいで清潔に保つことが可能です。鼻うがいで得られるメリットは、以下の3点です。

  • 蓄膿症や鼻炎などの症状を緩和する
  • 鼻の中が清潔になり、これらの病気を防げる
  • いびきが緩和される

鼻うがいをすると、鼻の中にある異物やウイルスを外部に流し出すことが出来ます。これは蓄膿症や鼻炎、あるいは花粉症や風邪などの症状の緩和、あるいは予防につながります。喉のうがいと合わせて行えば、効果は更にアップします。

また、鼻うがいにはいびきを緩和する効果もあります。そもそもいびきとは、口呼吸になって口が開き、下顎が下がって舌が喉の奥に落ちることによって起きる現象です。鼻うがいによって鼻の通りが良くなれば口呼吸になりづらくなるので、その分いびきを緩和できる、というわけです。

鼻うがいは専用の洗浄液か食塩水で行う

鼻うがいには水道水ではなく、専用の洗浄液か食塩水を使います。これらの液は水道水と比べて体液に近く、浸透圧の差が少ないため、ツーンとした感じを大いに緩和できます。専用の洗浄液はドラッグストアなどで販売されている他、医師から処方してもらうことも可能です。

食塩水を作る場合は、濃度は0.9%にします。100mlに対して0.9g、2000ml=2lなら18gです。

正しい鼻うがいのやり方(食塩水を使う場合)

洗面器に食塩水を2l程度入れます。
洗面器を顔に近づけて、指で片方の鼻の穴を抑えつつ、もう片方の穴から洗浄液を吸い込んで、吸った穴から出していきます。
もう片方の穴も同じように洗浄します。

正しい鼻うがいのやり方(専用の洗浄液を使う場合)

製品ごとに決められている手順の通りに行います。

ポイント

実際にやってみるとわかりますが、鼻うがいは鼻の通りを非常に良くします。しかし、やりすぎると必要な粘膜まで洗い流してしまうことになるため、1日1回にとどめましょう。また、正しくやっても痛みや違和感がある場合は、直ちに医師に相談しましょう。


スポンサードリンク