スポンサードリンク

道具なしでも握力が5kgアップする方法


握力を鍛える方法として有名なのがハンドグリップを使ったトレーニングです。ハンドグリップは最近はそれなりのクオリティのものが1000円で買えるので決して高いものではありませんが、それすらももったいないという人におすすめなのが「グーパー運動」です。

スポンサードリンク

グーパー運動とはその名の通り、手をグーにしたりパーにしたりを繰り返す運動です。そんなことで鍛えられるのか、とバカにしてはいけません。実際にやってみるとわかりますが、結構疲れます。きちんと力を入れてやれば、前腕筋のあたりが温まってきます。

コツはなんとなくやるのではなく、しっかりと筋肉を動かすことを意識することです。力を入れて握り、その後一気に力を開放して開く、というのを続けてみてください。回数はそんなに重要ではありません。むしろ、回数を意識して早くやろうとすると効率が下がってしまいます。

コレを1ヶ月続けるだけで、握力が5kgは上がります。私はこの方法で、48kgだった握力を55kgにしました。

握力を鍛えると寿命が伸びる?

カナダ・マクマスター大学の研究チームは、握力が弱いと寿命が短く、心臓発作や脳卒中のリスクが大きくなることを2015年5月に報告しています。この結果だけを持って「握力を鍛えると寿命が伸びる」とは言い切れません(もともと握力が強い人は健康に気を使ったり、鍛えている人が多いからです)が、少なくとも鍛えて損はありません。


スポンサードリンク
2017年4月18日 コメントは受け付けていません。 予防