スポンサードリンク

補完・代替医療とは?


近年、米を中心とする先進国の間で「補完・代替医療」という概念が浸透してきています。これは伝統的な西洋医学では足りない部分を補完し、それに代替する医療の総称です。具体的には漢方、鍼灸、チベット医学、栄養補助食品、アニマルセラピー、瞑想両方、温泉療法、指圧、マッサージ、カイロプラクティック等が該当します。

スポンサードリンク

サプリメント

補完・代替医療の中でも特に中心的な位置にいるものがサプリメント(健康補助食品)です。食品は一般食品、栄養機能食品、特定保健用食品に分類することができます。特定保健用食品と表記するためには厚生労働省の審査を受けた上で、審査に合格する必要があります。「血圧が高めの人に」などと表記できるのは特定保健用食品だけです。

 

サプリメントは医薬品と比べると拾多大な副作用が起こる可能性は低いですが、医薬品と違い万が一何かが合ったとしても補償を受けることができません。全て自己の責任において服用する必要があります。サプリメントを選ぶ際には、自身でよく検討する必要があります。

 

鍼灸

鍼灸は漢方と並ぶ日本の伝統医学です。漢方は薬草を用いたものであるのに対して、鍼灸は鍼と灸を用います。鍼は縫い物で使うような鍼よりもずっと細く、痛みも少ないです。材質はステンレス、金、銀などです。感染症を予防するために、最近はステンレスがよく使われる傾向があります。

 

灸はよもぎを乾燥させ、石臼で引いたもぐさを使うことが多いです。熱の刺激によって病気を治療します。

 

経絡と経穴

人間の体内には「気」がめぐるルートが有り、このルートを「経」とよんでいます。このルート上にある治療のための点を経穴と読んでいます。いわゆるツボであり、このツボに鍼や灸をするのです。

 

鍼灸の効果がある病気

鍼灸は特に筋肉や関節の痛みによく効きます。肩こり、腰痛、坐骨神経痛、上腕神経痛、五十肩、腱鞘炎などのほか、急性炎症、気管支喘息、胃痙攣、胃炎、下痢、夜泣き、夜尿症、血型不順、冷え性、顔面神経麻痺など、様々な病気に対する効果が期待できます。


スポンサードリンク