スポンサードリンク

自殺の統計予防とブログ、睡眠薬の大量摂取は?硫化水素と生命保険


よほど能天気な人か恵まれっぱなしの人でもない限りは、
人間だれしも一度は死にたいと思ったことがあるでしょう。
死にたいと思うこと自体は何もおかしいことではありませんが、
現在の日本には本当にそのまま死んでしまう人が少なくありません。

 

 

自殺の是非に関してはここで論じるつもりもありませんし、
いくら話し合ったところで結論など出るわけがないというのが個人的な意見です。
まあ、少なくともよく考えもしないまま勢いで自殺するのはやめたほうがいいというのが私の見解です。

スポンサードリンク

自殺の統計
日本では毎年で約3万人が自殺しています。
人口10万人に対して27人で、世界でもトップクラスの高さです。
その他に自殺率が高いのはロシア、カザフスタン、ハンガリー、
中国、韓国、ウクライナなどです。

 

 

旧社会主義国家で自殺率が高い一方、
キリスト教が根強い国家は自殺率が低くなっています。

 

 

男女比で見た場合には男性の方が自殺する割合が高く、
日本での割合は男性7:女性3となっています。

 

 

また、自殺の方法も国によって異なります。
たとえば、銃の所持が認められているアメリカでは、
銃による自殺がメジャーですが、日本ではほとんど見られません。

 

 

自殺の方法
自殺の方法もいろいろです。特に有名なのは硫化水素を使ったものや、
電車への飛込み、睡眠薬の大量摂取などでしょうか。

 

 

これらの方法に共通することですが、
自殺というのは意外と難しいものです。
睡眠役立って相当摂取しなければなりませんが、
そんなにたくさんの睡眠薬を用意するのは簡単ではありません。

 

 

硫化水素自殺も死ぬまでに数時間はかかるといわれており、
その苦しみは体験しなければわからないとまで言われています。

 

 

自殺と生命保険
自殺では生命保険が下りないこともありますが、おりることもあります。
多くの生命保険会社では免責期間を定めています。
たとえば免責期間が3年の場合、保険加入から3年以内の自殺に関しては保険金が支払われませんが、
それ以降の自殺に関しては支払われます。

 

 

免責期間は通常、1年~3年が目安です。

 

 

ただし、免責期間後の自殺でも告知義務違反があった場合(病気を隠して保険に入ったなど)、犯罪に手を染めていた場合などは保険金が支払われないのが一般的です。

 

 

自殺のリスク因子
気分障害、統合失調症、不安障害、ADHDアルコール依存症などは自殺の可能性を高めます。特にうつ病は自殺のリスクを20倍にまで高めます。

 

 

身体疾患でハンチントン病、悪性新生物(がん)、多発性硬化症などが因子となります。

 

 

病気以外では失業、家庭内暴力、遺伝、極端な思考回路、自殺手段が容易に手に入る環境などがあります。

 

 

一方、自殺を遠ざける因子には家族に対する責任意識、
妊娠や出産、信仰心、生活に対する満足感などが挙げられます。


スポンサードリンク
2014年9月19日 コメントは受け付けていません。 予防