スポンサードリンク

効果的な有酸素運動とは。室内(家で)もできる踏み台昇降


健康の維持には運動が効果的であることは皆さんご存知でしょうが、
知っていてもそれを実行に移さなければその知識には何の意味もありません。
運動不足を感じている方は、これを読んだことを機会に運動初めてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

運動には大きく分けて有酸素運動と無酸素運動があります。
有酸素運動とは運動の際にたくさんの酸素が必要になる、
ゆっくりとした動きを長時間行うタイプの運動です。
有酸素運動の代表例にジョギング、ウォーキング、水泳などがあります。

 

 

一方、無酸素運動とは運動の際にほとんど酸素を必要としない、
短時間で終わる激しい運動です。
無酸素運動の代表例は相撲、100m走、筋トレなどです。

 

 

このうち様々な病気(特に生活習慣病)の予防に効果を発揮するのは有酸素運動です。
有酸素運動の代表的なものと、そのやり方を簡単に説明したいと思います。

 

 

ウォーキング
日常生活でも比較的簡単に、しかも無理なくできる運動です。
生活習慣病の予防には大体1日9000歩以上歩くといいといわれていますが、
歩く習慣がない人がいきなりこれだけ歩くのは難しいでしょう。
まずは現状の歩行距離に1500歩ほど加えてみましょう。
1500歩は距離に治すと大体1kmです。

 

 

都心部の1駅間の距離が大体1kmぐらいですので、
運動を使用という気持ちになった日はいつもより1駅手前で降りるようにするといいでしょう。

 

 

水泳
肉体的な負担が少なく、それでいて優れた運動効果やダイエット黄河を得ることが出来る理想の運動です。
水の刃かでは浮力が働くため、地上よりも無理なく体を動かすことが出来ます。
肥満の人や関節に不安がある方などでも楽しむことが出来ますが、
場所を探すのが少し難しいです。近所のスイミングスクールなどを探してみましょう。

 

 

サイクリング
自転車です。自転車はウォーキングよりもいくらか激しい運動ですが、
無理のないペースで走れば長時間楽しむことが出来ます。
行動範囲も広がりますので、普段家からなかなか出る機会がないという人にお勧めです。

 

 

踏み台昇降
高さ20㎝程度の踏み台を下りたり昇ったりする運動です。
家の中でできるので夏場でも安全です。
それでいて長時間やると結構いい運動になります。

 

 

無酸素運動の効果
無酸素運動は筋力を上げて、基礎代謝を増やす効果があります。
基礎代謝が増えると何もしないでも消費されるカロリーが増えるため、
肥満を防止することが出来ます。

 

 

ただし、無酸素運動は長く続けることが出来るようなものではないので
無理はしないようにしましょう。プロスポーツ選手じゃないのですから、
多少楽をしたって誰にも怒られません。

スポーツはあくまでも楽しく行いましょう。


スポンサードリンク
2014年7月4日 コメントは受け付けていません。 予防