スポンサードリンク

病院が混む曜日・時間帯はいつごろか?


厚生労働省が行った「平成23年受療行動調査」によれば、病院を受診する患者が抱く不満のうち、最も大きなものは「診察までの待ち時間」でした。

診察までの待ち時間が長いことは、患者の満足度を下げるばかりでなく、病院の経営状態にも悪影響を及ぼします。

近年は待ち時間を平準化する取り組みを進めている病院も少なくありませんが、十分な効果を得られている病院ばかりではありません。ということで今回は、病院にいつ行けば最も少ない待ち時間で済むのかを考えてみたいと思います。

病院が混む時間帯は10時~11時半頃

診療科や病院の規模等によって多少ばらつきはありますが、一般的に1日の中で最も病院が混む時間帯は朝の10時~11時半頃です。

この時間帯は朝一(大抵の場合9時)にやってきたさんがまだ残っていることが多く、そこに更に遅れてやってきた患者さんが上積みされるため、どうしても待たされる時間が長くなります。

逆に、比較的空く時間帯は朝一番です。それを狙って早めにやってくる患者さんももちろんいるのですが、早く来るのを面倒臭がる患者さんも多いため、10時以降に来るよりは少ない待ち時間で診察を負えられることも多いです。

病院が最も混むのは月曜日

病院が最も混みやすいのは月曜日です。理由は簡単で、前日の日曜日はほとんどの病院が休んでいるからです。同じ理屈で、祝日の後もよくありません。病院が一斉に長期休暇を取った後など最悪です。大きな病院の場合は、金曜の夕方から月曜の早朝までの救急外来を受診した患者さんが全て月曜日に外来診察を受けるため滅茶苦茶混みます。診察を終えても今度は会計までに時間がかかり、更には薬の処方にも時間が掛かるのトリプルコンボなので、急を要しない限りは避けたほうがいいでしょう。

次に混むのは金曜日、土曜日などの週末です。日曜日の休診前に診察を済ませておこうとする患者が少なくないからです(土曜休みの病院は金曜日が混みます)。

逆に比較的空くのは火曜日、水曜日、木曜日の3日間です。特に水曜日はコム理由が最も少ないので、時間が取れるならばこの日がおすすめです。前述の時間帯も考慮すると、週半ばの朝一番が最も空いている可能性が高いです。

なお、病院によっては混雑状況を自らホームページで発信していますので、そちらを確認するといいでしょう。


スポンサードリンク
2017年10月24日 コメントは受け付けていません。 その他