スポンサードリンク

ストレートネックは肩こりのもと!頭の傾けすぎに要注意


近年、患者数が増えている病気(正確には症状)がストレートネックです。一見大したことがない症状にも見えますが、首は数ある人間の体の部位でも特に重要なものであり、ここに過剰な負担がかかると肩こり、めまい、耳鳴り、吐き気などの多様な症状が現れます。

現時点ですでにストレートネックの自覚がある方は、今すぐ対策を行ってください。

スポンサードリンク

ストレートネックは首がまっすぐに近くなる症状

ストレートネックとは、首にある頚椎の部分の前腕角度が30度以下になっている状態のことです。正常な角度は30度~40度で、これよりも傾きが浅く、まっすぐに見えることからストレートネックという名前がついています。

適切な前湾角度は、首を衝撃から守るために、あるいは重たい頭をバランスよく支えるために非常に重要です。ストレートネックになると首に掛かる負担が大きくなり、前述したような様々な症状が現れます。

本来、ストレートネックは老化とともに発症するものでしたが、近年は若い人でもストレートネックに掛かる人が増えています。スマートフォンやパソコンを用いた作業をする機会が増えたためとされています。

これらの電子機器を使う際にはどうしても下を向くことになりますが、その姿勢をずっと保っていると首に過剰な負担がかかってしまいます。

ストレートネックに伴う自覚症状

  • 首の痛み
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい
  • 手のしびれ
  • 吐き気

など

ストレートネックの確認

ストレートネックは簡単にセルフチェックができます。まず、壁際にかかとを付け、顎を引いて立ちます。この際に、後頭部が壁に付けばセーフ。壁につかなければアウトの可能性が高いです。

ストレートネックの改善方法

ストレートネックの改善方法はいくつか有りますが、最も大切なのは猫背にならないように気をつけることです。スマートフォンやパソコンを操作している最中に自然と姿勢が悪くなってしまうのは仕方のないことですが、時々休憩を取って姿勢を見直してください。


スポンサードリンク
2017年10月14日 コメントは受け付けていません。 その他