スポンサードリンク

渡辺謙が白血病治療で骨髄移植か。どんな病気なのか。


めざましテレビの大塚範一さんもかかった白血病という病気。
現代の医学で治癒率は50%といったところですが、見事復帰を果たした芸能人も少なくありません。
渡辺謙さんも白血病患者の一人でした。

スポンサードリンク


渡辺さんが白血病を発症したのは今から約25年前、黒澤明監督の映画「天と地と」の撮影中でした。

 

 

一時期は生命の危機にも陥りましたが、約1年間の闘病生活の上に役者として復帰します。
その後1994年に再発した者の、再治療で復帰し、現在は本人の口から「99%完治した」との言葉も出ています。100%完治したといわないのは、やはりまだ再発の可能性があるからなのでしょう。

 

 

また、近年はC型肝炎ウイルスに感染したことも告白しています。
実際、白血病で亡くなる方の中には、白血病そのものが原因でなく、
白血病にともなう感染症が原因となる方も数多くいます。

 

 

現在は白血病、C型肝炎ともに問題のない状態だそうですが、
やはり周囲はそうは言われても心配なものでしょう。

 

 

白血病は小児から若年層にかけての発生頻度が高いがんです。
子供や若い人に見られることが多く、芸能人の白血病も時々話題になります。
発症率は男性で10万人中7.8人、女性では4.9人です。
男性の方が多いのは、白血病が喫煙と関係があるためで、
一般的に男性の方が喫煙者が多いので、発症率も高くなるわけです。

 

 

原因は詳しく解明されていませんが、遺伝子レベルの血液細胞の異常と考えられています。
放射線や抗がん剤なども白血病の元となる可能性があるといわれています。

 

 

芸能人の中に白血病が多いのは、
電磁機器や照明などが原因であるもといわれていますが、
その根拠は弱く、信頼できるものではありません。
もしそれらが原因だったらテレビ局のスタッフや電気店の店員の発症率だって高くなるはずですが、
そういう話は聞きませんしね。

 

 

芸能人はプレッシャーのかかる仕事だからなんて話も聞きますが、
それはどの仕事だって同じですしね。プレッシャーのないお仕事があるのなら、私も就きたいものです。

 

 

まあ、芸能人という仕事は目立つ仕事ですから、
数人が手立て続けに白血病になったりすると誰かが勝手にこのような憶測をするものです。

 

 

我々は芸能人じゃないので芸能界のことなどどうでもいいのですが、
ストレスが白血病を引き起こす可能性があることは事実です。

 

 

なるべくストレスのない生活を送ることが望ましいのですが、
現代においてそれも難しい話。時間がない方は、1日に10分はリラックスできる、何物にも邪魔されない自分だけの時間を確保するだけでもだいぶ楽になります。試してみてください。


スポンサードリンク

コメントを残す