スポンサードリンク

悪性腫瘍と良性腫瘍の違いは?がんの種類は?


体の細胞が周辺組織とは関係なく増大し、それによってできた塊を腫瘍といいます。
腫瘍には良性腫瘍悪性腫瘍があり、他の部位にも転移し正常な組織に影響を与えるものを悪性腫瘍といいます。

スポンサードリンク

悪性腫瘍は主にがん腫肉腫に分別できます。
皮膚や呼吸器、消化管の上皮細胞、あるいは腎臓、肝臓、すい臓などの上皮細胞からできるものをがん腫といいます。
がん腫にはさらに扁平上皮癌腺癌未分化癌に分類できます。

 

 

扁平上皮癌は、皮膚や粘膜などの表面を覆う部位にできる癌です。
皮膚癌、食道癌、口腔癌、外性器癌などが代表例です。

 

 

腺癌は、分泌物を輩出する臓器の上皮にできる癌です。
胃がん、大腸がん、肝臓がん、子宮体部癌、肺がん、腎臓がんなどが代表例です。

 

 

未分化癌はどこにでもできる危険ながんですが、前述の2種類と比べると化学療法や放射線療法が効果的です。
ただし増殖や転移は他のがんと比べても特に早く、早急に治療を行わないと危険度が急増します。

 

 

一方肉腫は上皮細胞以外にできる悪性腫瘍のことを指しています。
筋肉を構成している筋細胞にできるもの、骨や結合組織にできるものなどがあります。
白血病や多発性骨髄腫も正確にいえば肉腫に分類されるのですが、
その性質から血液のがんと呼ばれることが多いです。

 

 

がんの発生メカニズム

癌がなぜ、いつ、どのような時に発生するのかについてはまだ完全に解明されていませせんが、
多くの研究者の努力によりその全貌が少しずつ明らかになってきています。

 

 

人間の体の中には細胞があります。細胞の中にはがんを発生させる何らかの因子が含まれており、
その因子が外部から刺激を受けることによってがん化するというのが現在の定説です。

 

 

因子を刺激する外部要因は様々です。具体的には喫煙だったり、大気汚染だったり、
放射性んだったり、発がん物質だったりします。こうしたがんを誘発する外部要因を極力少なくすれば、
癌にかかる確率を相対的に小さくすることが出来ます。

 

 

また、がんはその進み具合によって早期がん進行がん末期がんに分類できます。
最初は早期がん、それが進むと進行がん、末期がんと変化していきます。
たとえば、胃がんの場合は最初に胃壁の内側表面(粘膜層)に癌が現れ、
その後粘膜下層まで広がります。ここまでを早期がんといいます。

 

 

さらにその後胃がんは下層の固有筋層にまで浸潤し、胃の内部に盛り上がりが出来ます。この状態が進行がんです。

 

 

さらに癌が進むと腹膜に転移したり、リンパ節に転移したりします。これが末期がんです。

 

 

がんは早期発見早期治療が重要です。現代の医療技術ならば、早期がんの状態で発見できればほぼ完治させることが可能です。
早期発見のためにはやはり定期的な検査が欠かせません。最低でも年1回健康診断を受けるように心がけましょう。


スポンサードリンク
2015年2月7日 コメントは受け付けていません。 がん 予防