スポンサードリンク

大腸がんの初期症状を要チェック。急な体重減少、原因のストレスや食事に注意


大腸がんは現在は胃がんに次いでメジャーながんですが、
大腸がんがメジャーになっていること、
胃がんの治癒率が上がっていることなどにより、
大腸がんが胃がんを追い抜くのは時間の問題といわれています。

スポンサードリンク

大腸とは小腸から続いた盲腸、肛門までの部位の総称です。
大腸には盲腸、直腸、結腸があり、直腸の癌を直腸がん、結腸の癌を結腸がんといいます。

 

 

大腸がんは特に50代~60代に多く見られる病気です。
進行が進めば危険ながんですが、早期の治療で生存率を上げることが出来ます。

 

 

結腸がん
結腸癌は大腸がん全体の3割を占めています。
直腸の中でも肛門に近いS状結腸にがんが出来た場合は、
真っ赤な血便が出ることがありますが、
比較的遠い上行結腸にできた場合には、
赤黒い血便が出ます。

 

 

直腸がん
直腸にできるがんです。
やはり排便時に真っ赤な便が出ます。
これらの症状は痔と似ており、
判別が難しいのですが、排便異常がいつまでたっても良くならず、逆に悪化する場合などはすぐに検査を受ける必要があります。

 

 

大腸がんの症状
上記の排便時の出血といった症状のほかに、
便秘や下痢などの症状が現れることもあります。
がんが進むと腫瘍が腸を押し狭めるので、
排便がうまくいかなくなることがあります。

 

 

さらに進むとがんの転移が始まります。
大腸がんはリンパ節と肝臓に転移しやすく、
黄疸や肝臓の腫れが出てくることもあります。

 

 

がんが小さいうちは症状がないことも多く、
他の検査で偶然見つかることもあります。

 

 

大腸がんの原因
大腸がんの詳しい原因は分かっていませんが、
食の欧米化が原因の一つにあげられることが多いです。
食物繊維が少なく動物性脂肪分が多い食事を続けると大腸がんになりやすいため、食物繊維を取り、肉や魚などを控えることによって、がんをある程度防ぐことが出来ます。

 

 

ただし、いわゆる「がん体質(がんになりやすい遺伝的要因)」もあるのではないかと考えられています。
また、ストレスもがんの原因の一つであるといわれています。
いずれにせよ定期的な検査と早期発見が大事です。

 

 

検査・治療
出血などがある場合には、血液検査や大腸な内視鏡検査を行います。かつての大腸内視鏡検査は痛いし苦しいしで大変だったのですが、最近は鎮静剤を用いて痛みも苦しみもなく受けることが出来ます。

 

 

小さながんは内視鏡でも切除できます。
検査と治療が同時に行えるのが、内視鏡検査の強みです。

 

 

比較的進行したがんの場合、
早期のがんでも比較的大きい場合などは、
腸の一部を切り取ります。最近は傷が小さくて済む
腹腔鏡手術が一般的です。
腹腔境はおなかの中を観察する「カメラ」であり、
これを用いると術後の回復が早いので重宝されています。

 

 

腸はもともとかなり長いので、
一部を切り取っても大して影響はありませんが、
術後は排便が多くなることがあります。
それも一時的な話であり、日にちが経てば落ち着いてきます。

 

 

大腸がんのステージ
大腸がんのステージに関する説明はこちらです。


スポンサードリンク

コメントを残す