スポンサードリンク

大腸がんのステージ別に見た症状と生存率


がんにはステージというものがあります。ステージとはがんの進行度を示す指針であり、
大腸がんの場合はステージゼロからステージ4の5段階にまで分けられています。

スポンサードリンク

大腸がんのステージは①深達度、②リンパ節転移、③遠隔転移と腹膜転移の3つの要素から判断されます。
は大腸にどれだけ腫瘍が食い込んでいるかを表す要素です。
当然、がんが表層的な部分にとどまっているほど、
ステージは低くリスクも小さくなります。
はリンパ節に、大腸がんが転移しているかどうかを示す指針です。
は他の臓器に転移しているかどうかを示す指針です。

 

 

ステージ0
ステージ0は最も軽い段階です。
この段階ではまだがんが、粘膜の中にとどまっています。
この段階でがんが見つかった場合は、自覚症状などもないケースがほとんどです。
定期的な内視鏡検査などで大腸がんが発見され、驚くこともあるかもしれません。
この段階で見つかった場合は内視鏡を用いて比較的簡単に切除することが出来ます。

 

 

ステージ1
ステージ0の状態を放置しておくとステージ1に進みます。
この時点でもまだ症状は軽く、大腸の壁(固有筋層)にがんがとどまっています。
この場合でも内視鏡を用いて切除することが出来る場合があります。

 

 

ステージ2
さらに病状が進むと、ステージ2に進みます。
この段階ではがんが固有筋層を超えて周辺まで広がっています。
このあたりになるともう内視鏡での切除は難しいですが、まだ周りに転移していないため、開腹手術や腹腔鏡手術などでの対応が可能です。

 

 

ステージ3
ステージ3はステージ3aとステージ3bがあります。
リンパ節への転移が3個以下ならば前者、4つ以上ならば後者です。

 

 

治療は患部と周辺のリンパ節を切除します。
また、再発を防ぐための化学療法も行われます。

 

 

ステージ4
最終段階です。がんが大腸から離れた臓器にも転移している状態です。
化学療法や放射線療法を用いて治療を行いますが、
予後は非常に悪いです。

大腸がんの5年生存率
chartgo 大腸がんのステージ別に見た症状と生存率

この通りステージが進むごとに5年生存率は低くなっていきます。
特にステージ3bとステージ4では大きな差がありますので、
なるべく早期発見をすることが重要になってきます。

 

がんに関する記事まとめ
卵巣腫瘍の原因と症状
小児がんの原因と症状
胃がんの原因と症状
食道がんの原因と症状
乳がんの原因と症状
大腸がんの原因と症状
喉頭がんの原因と症状
川島なお美の胆管がんとは
向井亜紀のがん治療法

 

 

大腸がんの概要について

 

大腸がんの概要については、こちらの記事をご参照ください。


スポンサードリンク

コメントを残す