スポンサードリンク

そもそもがんとはどんな病気なのか1


がんは日本人の死因第一位に当たるメジャーな病気の一つです。以前と比べればだいぶ直りやすくなった病気ですが、それでも危険な病気であることには変わりありません。がんと闘うためには予備知識が必要不可欠です。ここではがんに関する基本的な情報をいくつかお教えしていきたいと思います。

 

 

がんは誰でもなる可能性がある病気です。日本人の場合、2人に1人は一生の間に一回は顔になるといわれています。なぜここまで癌になる可能性が高いのでしょうか。理由は簡単で、日本人の寿命が延びたからです。がん以外の病気で亡くなる人が増えたことにより、相対的にがんになったり、がんで亡くなったりする人が多くなったのです。人はいずれ死ぬので、仮に今後がんが最も直りやすい病気になったとしても、その時はまた何か別の病気ががんにとって代わることでしょう。

 

 

がんはある程度予防できますが、完全に防ぐことはできません。食事や禁煙、運動などによってがんのリスクを小さくすることはできても、がんのリスクを0にすることはできないのです。このあたりはほかの病気にも言えることですね。

 

 

がんは別名悪性腫瘍とも言われています。腫瘍は体の一部の細胞が無関係に増殖を続けて塊になったものです。腫瘍には悪性のものと両性のものがありますが、より危険なものは悪性細胞です。
悪性腫瘍の特徴には以下のようなものが上げられます。

 

 

1.自律性増殖:自律的に勝手に増殖を続けて、止まることがない
2.浸潤と転移:周辺に染み出るように広がっていき、体のあちこちに飛び貸して新しいがん組織を作る
3.悪液質:がん組織が栄養をどんどん吸い取り、正常な細胞に栄養がいきわたらなくなる。

 

 

良性腫瘍は1の条件を満たしていますが、2と3の条件は満たしていません。増殖の速度も悪性腫瘍と比べればゆっくりであり、外科的手術で切り取ってしまえば再発することはありません。
発生個所によっては重篤な症状をきたすものもありますが、悪性腫瘍と比べると事後は良好です。

 

 

悪性腫瘍はさらにがん腫と肉腫に分けることができます。腎臓、呼吸器、皮膚、臓器などの悪性腫瘍をがん腫と呼びます。組織型の違いによってさらに扁平上皮がん、腺がん、未分化がんなどに分けることができます。なお、肉腫とは上皮以外の細胞にできる腫瘍のことです。

 

 

がんの治療は手術、薬物療法、放射線治療の3つに分類することができます。
手術は体への負担を少なくすることが望ましいとされています。術後の経過が良好な場合は、退院して外来で様子を見るというケースも少なくありません。

 

 

薬物療法は化学療法、ホルモン療法、分化誘導療法などが含まれます。
放射線治療は放射線によってがんを小さくするものです。がんの種類によって聞きやすさは異なります。

 

 

また、がんの治療のほかに、がんによる体と心の負担をケアする緩和ケアを同時に行うのが一般的です。がん患者は精神的にも疲弊することが多いので、心を折らせないようにすることが大切です。

 

続きます


スポンサードリンク
2015年8月4日 コメントは受け付けていません。 がん