スポンサードリンク

がんの診断方法とは?


がんの診断は様々な方法を組み合わせて行います。いつごろから症状が現れていたのかという病歴、身体的症状の他に、血液検査、X線検査などが行われ、さらに内視鏡検査、超音波検査、超音波内視鏡検査、CT検査、MRI検査、PET検査、シンチグラフィー検査、細胞診、生検(組織診)などがおこなわれます。

 

 

様々な検査がありますが、この中で癌との確定診断を下すことができるのは生検です。ほかの審査はあくまでもがんの疑いがあるという診断を下すことができる検査であり、鴈が確定するわけではありません。

 

 

生検の結果は通常、グループ1~グループ5までの5段階であらわされます。グループ1が最もよく、グループ5が最も悪いです。

 

 

各グループの結果

グループ1:正常組織および異型を示さない良性病変
グループ2:異型を示すが良性と判定される病変
グループ3:良性と悪性の境界病変
グループ4:がんが強く疑われる病変
グループ5:がん

 

 

このうち、癌と確定するのはグループ5だけです。グループ5の病理報告でがんの確定診断に至ります。グループ4以下の場合は顔という確定診断は出ません。

 

 

また、細胞診の結果はクラス1からクラス5の5段階で表示されます。クラス1が最もよく、クラス5が最も悪いです。

 

 

各クラスの結果

クラス1:異型細胞がない
クラス2:異型細胞は存在するが悪性ではない
クラス3:悪性細胞が疑われるが断定できない
クラス4:悪性細胞の可能性が強い
クラス5:悪性細胞

 

 

現代の細胞診の検査はとても精度が高く、細胞診でクラス5が出ればまず悪性腫瘍と言って間違いないでしょう。しかし、それでも完全に正確な結果とはいえないので、きちんと生検を受けて癌なのかそうでないのかを確定させる必要があります。

 

 

遺伝子診断

癌の新しい診断方法として最近注目を浴びているのが遺伝子診断です。遺伝子診断とは、鴈に特徴的な遺伝子の異常を指標とし、鴈の発症前診断や微小転移の診断などに応用されるものです。たとえば、家族性大腸線種症は、一定期間で大腸がんになることがわかっています。

 

 

ただし、遺伝子診断はまだまだ発展途上の技術です。がんに特徴的な遺伝子異常がまだあまり発見されていないため、まずはそれらを発見する必要があります。その発見法の一つとして使われているのがマイクロアレイです。マイクロアレイは正常組織とがん組織の遺伝子の違いを一度に多数調べることができる方法です。

 

 

また、がんの遺伝子診断には倫理的・社会的な問題もあり、それらをどう乗り越えるかも考える必要があります。


スポンサードリンク
2015年10月17日 コメントは受け付けていません。 がん