スポンサードリンク

がんの治療はどのようにして行われるか


がんの治療方法は、おおきく局所療法全身療法の二つに分けることができます。局所療法と全身療法の違いは、がんを治療するための一部を切り取るか、全身に対して治療を施すかです。がんがまだ小さいときは局所療法を、大きくなってからは全身療法を採用するのが一般的です。

スポンサードリンク

 

局所療法

局所療法には外科療法、放射線療法などがあります。外科療法は簡単に言えば、手術のことです。がん細胞を周りの正常細胞と一緒にすべて切り取ってしまう治療法なので、がんが最初にできたところにとどまっている場合は完全に治療することができます。

 

早期がんで周囲のリンパ節に移転していないと判断された場合は、内視鏡を用いて手術を行うこともあります。胃がんや大腸がん、乳がんなどの臓器にしこりを形成してくるがんの治療においては第一の選択肢となります(がんが小さい場合)。

 

放射線療法は、がんに対して放射線を照射したり、あるいはその周りに放射線源を埋め込んだりすることによって、がんを治療する方法です。がんが最初にできたところにとどまっている場合には、こちらの治療法でも完全に治療できるケースがあります。また、症状を緩和する目的で放射線照射が行われることもあります。

 

全身療法

全身療法には化学療法、ホルモン療法、免疫療法などがあります。がんの病巣が広まっている場合には、全身療法が第一の選択肢となります。また、白血病などの全身的ながんについても、全身療法が第一の選択肢となります。

 

化学療法とは、抗がん剤を用いた治療法です。外科療法や放射線療法と比べてより広い範囲に治療の効果が及ぶ半面、副作用の強さについては留意する必要があります。

 

ホルモン療法は抗エストロゲン剤などのホルモン療法御材を投薬することによって治療を行うものです。化学療法と比べると効果はやや弱いものの、再発抑制効果があり副作用も少ないとされています。

 

免疫療法は人間が本来持っている免疫という能力を使った治療法です。人間の本来の力を使うため、非常に副作用が少ないとされていますが、反面効果についてはまちまちです。

 

抗がん剤って何?

がんの治療薬は現在ざっと数えただけでも100種類ほどあります。投与期間や作用機序は薬によってまちまちですが、癌に対する薬はおおむね「がん細胞を殺すもの」と「がん細胞を殺すものを助けるもの」に分類することができます。前者の薬を特に、抗がん剤ということがあります。

 

抗がん剤は一般的な風邪薬などと比べると、非常に副作用が強いとされています。そのため、普通の薬と比べて気軽に投与することができず、医師にとっても患者にとっても使いづらいものといえます。副作用の有無やその重さは千差万別であり、同じ薬を使っても副作用が出ない人もいれば出る人もいます。

 

一般的な薬は、投与量を増やすと効果が出てきます。そしてその後もどんどん量を増やしていくと、今度は副作用が現れます。そのため、投与量を適切に調整すれば、重大な副作用が出ることはまずありません。しかし、抗がん剤は効果が出る量と副作用が現れる量がほぼ同じなため、副作用が非常に出やすいのです。

 

あた、最近は抗がん剤の効果についても議論が活発になっています。抗がん剤を使うとがんそのものが縮小することはすでに確かめられています。たとえば、肺がんの効果判定では、CTにおいて50%以上がんが小さくなった場合「効いた」と判断します。

 

しかし、その小さくなったがんが完全になくなってしまうとは限りません。というか、抗がん剤だけでがんが消えることはあまりありません。抗がん剤が効くとは「がんが小さくなって寿命が延びる」「がんが小さくなって苦痛が軽減される」ということと考えてもほぼ問題ないでしょう。

 

抗がん剤の効果については臨床実験も行われています。再発あるいは切除不可能な大腸がんについては、抗がん剤が生存期間を延長させることが明らかになっています。

 

抗がん剤はその作用によって「細胞障害性抗がん剤」と「分子標的治療薬」に分類されます。また、細胞障害性抗がん剤はさらにアルキル化剤、プラチナ化剤、抗がん性抗生物質などに分類することができます。抗がん剤については日夜研究が進められています。臨床実験では安全な投与量を決定してから、有効性と有害事象が研究されます。新薬の開発には一般的に10年以上かかるといわれています。

 

がん休眠療法とは

がん治療の考え方のひとつに、がん休眠療法があります。がんと徹底的に闘って小さくするのではなく、がんと共存しながら苦痛を減らし、長生きすることを目的にする治療です。がんを小さくすることよりも、大きくしないことに重点を置きます。

 

この場合、抗がん剤は少ない量で長期間投与していきます。また、免疫療法やホルモン療法なども休眠療法に含まれることもあります。まだ確立されてから間もない考え方なであるため、治療開始前には医師とよく相談する必要があります。


スポンサードリンク
2016年2月23日 コメントは受け付けていません。 がん