スポンサードリンク

老年期うつ病ってどんな病気?


うつ病は若い人たちだけがかかる病気ではありません。精神科を受診する高齢者は、ここのところ増加の一途をたどっています。1980年以降は年齢別に見た場合75歳以上の高齢者の受診者が最も多いです。80歳以上の人の精神科受診経験率は100分の1です。また、80歳以上の自殺死亡率は10万分の60であり、40代の10万分の10を大幅に上回っています。

スポンサードリンク

高齢者がうつ病になる原因にもいろいろありますが、基本的には生活内におけるつらい出来事に端を発することが多いです。高齢者の多くは配偶者や友人などとの死別、生きがいや社会的役割の喪失による疎外感、あるいは身体的、心理的な機能の喪失など、若い時に得たものを失う経験をしています。

 

そうした経験は活動低下を伴ううつの元となります。また、高齢者は脳卒中や脳血管障害などを発症することも多く、脳障害の表れとして認知症やうつ状態が引き起こされることもあります。

 

高齢者のうつ病の特徴の一つに、自ら苦しさを訴えることが少ないということが挙げられます。気分が晴れない、と主張することはあっても、明確にうつであることを示すことはあまりないため、周囲も気が付きにくく、結果として治療が遅れがちです。

 

また、高齢者は精神面の不調が肉体面に現れやすく、そちらのほうが目立つためうつ病の治療が遅れるということもあります。そのような場合は肉体面で治療を行っても効果はなく、まずは精神面の治療を行う必要があります。

 

うつ病が進行すると嗜好機能が低下し、被害妄想などに悩まされ、希死念慮を抱くようになります。不安から神経質になり、正常な思考ができなくなります。こうしたうつ病は一見認知症にも似ており、両者の区別をすることは医師でも簡単ではありません。

 

以前と比べて体調不良を訴える機会が多くなったり、態度がいつもと違うという場合には要注意です。若い人のうつ病と同じように、はげましたり患者の訴えを否定するのは逆効果になることが多いです。うつ病に関する話題をタブー化するのもよくありません。

 

治療には薬剤を投与することもありますが、高齢者は薬剤の影響をより受けやすいので慎重に行う必要があります。患者はもちろん、周囲の人ともよく話し合って投薬治療を進めていきます。初期段階で治療を行うことができれば多くの場合は回復しますが、一方で再発率も40~70%も高いため、治療は長期にわたることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。


スポンサードリンク
2016年3月15日 コメントは受け付けていません。 うつ病