スポンサードリンク

有料老人ホームには3つの種類がある!違いは?

少子高齢化の進展に伴って、急速に数を増やしている有料老人ホームですが、実は有料老人ホームには

  • 介護付有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

があることをご存知でしたか?この3つはそれぞれ対象とする入居者や施設数などが異なるため、きちんと区別する必要があります。今回はそれぞれの有料老人ホームの特徴を開設していきたいと思います。 「有料老人ホームには3つの種類がある!違いは?」の続きを読む…

梅雨に体調を崩すのは「気象病」が原因?症状を緩和するポイントは

毎年この時期(6月中旬~7月中旬あたり)になると体調を崩すという方は少なくありません。毎年同じ時期に体調不良が現れるという場合は、気象病を疑ったほうがいいかもしれません。 「梅雨に体調を崩すのは「気象病」が原因?症状を緩和するポイントは」の続きを読む…

経口補水液ってどんな味?飲みやすく感じたら要注意

近年熱中症対策として人気を集めている経口補水液。軽度や中程度の熱中症ならば症状を改善するのに有効とされており(もちろん医師にかかるのがベストです)、近年はコンビニやスーパー、更には薬局などでも取り扱われるようになりました。

しかし、この経口補水液、見たことはあっても実際に飲んでみたことはないという方は少なくないかと思います。そこで今回は、経口補水液の味をお教えしたいと思います。 「経口補水液ってどんな味?飲みやすく感じたら要注意」の続きを読む…

おくすり手帳って何?なくしたり忘れたりした場合の対処法は?

近年は自分が服用している薬をおくすり手帳で管理する人が増えてきています。以前は紙のものしかおくすり手帳と認められませんでしたが、2016年4月からは最近は電子おくすり手帳(アプリ)も利用可能になりました。

今回の記事ではおくすり手帳がどのようなものなのか、どのようなメリットがあるのか、紛失した場合はどうすればいいのかなどをまとめてお伝えいたします。 「おくすり手帳って何?なくしたり忘れたりした場合の対処法は?」の続きを読む…

夏でも高血圧への警戒は必要!冷房のきかせ過ぎにご用心

血圧は基本的に冬は上がりやすく、夏は上がりにくい傾向があります。しかし、だからといって夏は高血圧へのケアが不要なのかというと、そんなことはありません。

むしろ夏場は心筋梗塞や脳卒中のリスクは比較的高い時期であり、普段から高血圧気味の人は特に気をつける必要があります。 「夏でも高血圧への警戒は必要!冷房のきかせ過ぎにご用心」の続きを読む…

高齢者向け施設のサ高住と住宅型有料老人ホームの違いって何?

少子高齢化の進展に伴い、様々な高齢者向け施設が増えてきています。選択肢が増えるのは悪いことではありませんが、その種類があまりにも多すぎて、将来どこへの入居を検討すればいいのかわからないという方も少なくないかと思います。

今回は高齢者向け施設の中でもよく見かける、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)と住宅型有料老人ホームの違いを説明したいと思います。 「高齢者向け施設のサ高住と住宅型有料老人ホームの違いって何?」の続きを読む…

終生

夏の子供の病気「プール熱」の原因・治療・予防法

まだ5月だというにも関わらず真夏のような暑さが続いている昨今。この時期に気をつけたいのが咽頭結膜熱、(通称プール熱)と呼ばれる病気です。

流行のピークは7月~8月ですが、2017年は5月中旬としては過去10年で最多の感染者が確認されています。プール熱は特に子供が感染する病気なので、保育園~中学生ぐらいの子供がいる親は今の時期から対策を進めておいたほうが良いでしょう。 「夏の子供の病気「プール熱」の原因・治療・予防法」の続きを読む…

暑い時期のエアコン冷房の適温は何度?

もうすぐ暑い夏がやってきますね。この時期はエアコン(冷房)に頼り切りという方も多いかと思いますが、その際に気になるのが設定温度です。

冷やし過ぎはもちろんよくありませんが、それを気にしすぎて暑い思いをするのも馬鹿げています。今回は冷房の丁度いい温度について考えていきたいと思います。 「暑い時期のエアコン冷房の適温は何度?」の続きを読む…

自由診療・保険診療・混合診療の違いは?

病院で受けられる治療には、加入している公的保険を適用できるものと、適用できないものがあります。保険を適用できるものを保険診療、できないものを自由診療といいます。

保険診療の仕組み

保険診療とは、国民健康保険や社会保険などの公的保険が適用され、窓口負担が軽減される診療です。自己負担額は年齢や保険の種類によって違いますが、基本は3割です。つまり、7割は国が負担します。

ただ、国が負担すると言ってもその財源は国民が払った健康保険料です。健康保険料は原則として所得に比例しますので、高所得で病院にほとんどかからない人ほど損をするということになります。

保険診療の特徴は、予め決められた治療法や素材などしか使えないことです。また、治療の内容が同じならば、どこの病院で受けても治療費は同じになります。医師の裁量で勝手に治療費を上げたり下げたりは出来ないわけです。

自由診療の仕組み

自由診療とは、国民健康社会保険などの公的保険が適用されず、窓口負担が軽減されない診療です。治療費は全額自己負担となります。

健康保険料が応能負担である(所得が高い=保険料をたくさん支払える人ほど負担が増える)のに対して、自由診療は応益負担(診療によって利益を得る人が費用を負担する)仕組みになっています。

自由診療では、治療費は医師が自由に設定することが出来ます。もちろん医療法や医師法に従うことが前提ですが、双方の合意があればいくらお金がかかってもよいのです。

保険診療の範囲

保険診療には予め範囲が決められています。例えば歯科治療の場合、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)には銀合金や硬質レジンなど、一部の素材のみが保険診療の対象となっています。メタルボンドやセラミック、ゴールドなどの素材は保険診療の範囲外となっていますので、これらを使いたい場合は自費で受けるしかありません。

美容医療などは通常全て自由診療となります。

混合診療の仕組み

混合診療とは、一連の治療の中で保険診療と自由診療を併用する診療のことです。保険の範囲内の部分は健康保険でまかない、その範囲外は患者が全額自己負担します。現在の日本では混合診療が原則として認められていませんが、例外的に先進医療などは混合医療が用いられることがあります。

保険

道具なしでも握力が5kgアップする方法

握力を鍛える方法として有名なのがハンドグリップを使ったトレーニングです。ハンドグリップは最近はそれなりのクオリティのものが1000円で買えるので決して高いものではありませんが、それすらももったいないという人におすすめなのが「グーパー運動」です。 「道具なしでも握力が5kgアップする方法」の続きを読む…

予防