スポンサードリンク

道具なしでも握力が5kgアップする方法

握力を鍛える方法として有名なのがハンドグリップを使ったトレーニングです。ハンドグリップは最近はそれなりのクオリティのものが1000円で買えるので決して高いものではありませんが、それすらももったいないという人におすすめなのが「グーパー運動」です。 「道具なしでも握力が5kgアップする方法」の続きを読む…

予防

5月病は4月の生活次第で予防可能!楽しみ過ぎは良くない?

新年度の疲れが出始める5月に多く見られる、いわゆる「5月病」。かつては新入社員、新社会人によく見られるものとされていましたが、最近は部署異動や転職などで新しい環境に置かれた中堅~ベテラン社員にも見られるようになってきています。

大したことではないからと放置しておくと、うつ病などのより重大な精神疾患に発展しかねません。4月のうちから生活習慣に気をつけておけば、重大な症状を防ぐことができます。 「5月病は4月の生活次第で予防可能!楽しみ過ぎは良くない?」の続きを読む…

電子カルテの普及によるメリットとデメリットまとめ

電子カルテとは、その名が示すとおり、電子データになったカルテです。カルテとは医療機関が患者に対して行った医療やその経過などを記録しておくものです。かつてはドイツ語で書かれていましたが、現在は日本語もしくは英語で書かれることが多いです。

電子カルテを導入することによるメリット

電子カルテを導入することによって、事務作業効率を大幅に向上させることができます。電子カルテならば紹介状や診断書、院内指示箋などをテンプレート化できます。また、電子データで保存されるため、収納スペースが不要になり、その分地代を節約したり、医療機器を導入したりできます。

また、入力された情報は連携する部門システムで共有されますので、伝達ミスを防ぐこともできます。検査データや画像が手軽に見やすくなるので、患者に対する説明もより丁寧にできるようになります。

電子カルテを導入することによるデメリット

電子カルテを導入すると、データがネットワークで共有されるため、不正アクセスのリスクにさらされることになります。そのため、通常は病院内のネットワークを一般のインターネットから切り離しています。

また、電子カルテはキーボードで入力するため、キーボード入力が苦手だと帰って入力作業に時間がかかってしまうことがあります。医療事務はともかく、医師はキーボード入力が苦手な人が少なくありません。最近は音声入力にも対応したソフトが増えてきており、この問題は解決されつつありますが。

何れにせよメリットとデメリットがあることには代わりはないので、導入前には慎重な検討が必要です。

地震が発生したときに身を守るべき方法は?

地震が発生したら机の下に入る、ということを聞いたことがある方は少なくないかと思います。これは間違いではないのですが、いつ何時でも机の下に入るというのが正解というわけでもありません。周囲の状況次第では、他の行動が正解となることもあるのです。 「地震が発生したときに身を守るべき方法は?」の続きを読む…

災害

尿崩症ってどんな病気?なんで尿がたくさん出るの?

尿崩症とは、抗利尿ホルモンの分泌や作用が傷害され、体内の水分調整が十分に行われず、多量の尿が出る病気です。正常な成人の1日あたりの尿量は1.2~1.5L程度ですが、尿崩症患者の尿量は1日あたり最低でも3L,多い人は8~12Lにも及びます。また、尿の比重が軽く、浸透圧が低いのもポイントです。 「尿崩症ってどんな病気?なんで尿がたくさん出るの?」の続きを読む…

人間ドックは何歳から受けるべき?検査内容はどうする?

人間ドックに年齢制限はありませんが、高額な上に自費診療なため、気軽に受けられるものではありません。だからといって、病気のリスクが高まる年齢になっても受診せず、将来の健康を損なうのも間違った判断です。では、具体的に人間ドックは何歳からどのくらいのペースで受けるのが良いのでしょうか。 「人間ドックは何歳から受けるべき?検査内容はどうする?」の続きを読む…

予防

病院と診療所の違いって何?どういう組織体系になってるの?

普段街中でよく見かける病院。しかし、「病院」という言葉にも実は定義があります。街中にある小さな医療機関の殆どは実は「診療所」であり、「病院」ではありません。今回は病院が一体どんな組織なのかをお話したいと思います。 「病院と診療所の違いって何?どういう組織体系になってるの?」の続きを読む…

冬は血圧が上がりやすい!どう管理すればいい?

血圧はいつも一定なわけではなく、様々な外的、内的要因によって変化します。特に血圧に大きな影響を与えるのが外気温です。外気温が低い冬は夏と比べて最低血圧が5、最高血圧が10程度上がることが珍しくありません。

医療団体・東京都CCUネットワークによれば、急性心筋梗塞で搬送された患者数が最も多かったのは12月で、3月、1月と続いていました。

必然的に、冬は夏よりもさらに血圧に注意する必要があります。では、具体的にはどんなことに気をつけながら過ごせばいいのでしょうか。

急激な温度差には要注意

冬で最も危険なのは、急激な温度差にさらされるときです。例えば暖房のきいた部屋からトイレに行く時、入浴時に脱衣所で服を脱ぐときなどは特に注意する必要があります。

玄関や浴室、トイレなどはいまと比べてかなり気温が低いため、ヒーターを置くなどしてなるべく気温が他の部屋と変わらないようにした方がいいでしょう。外に出る時は、たとえ行き先が歩いて1分の場所でも必ずコートを羽織りましょう。

水分摂取を忘れずに

冬はあまり汗をかかないので水分摂取を怠ってしまいがちですが、冬でも人によっては脱水症状を起こすことがあります。水分不足の血管はザラザラして血管が固まりやすくなっているため、水分摂取で流れを良くしておく必要があります。

入浴前と入浴後はそれぞれコップいっぱい程度の水分を摂りましょう。水分の中で最も良いのは水です。他の飲み物は利尿効果が強いため、せっかく水分をとっても出てしまうので効率的ではありません。

朝はゆっくり起きる

朝、目覚まし時計がなったらすぐに飛び起きるのは健康的に見えますが、血圧を急上昇させるリスクが有るため、普段から血圧が高めの方にはおすすめできません。少し早めに目覚ましをセットして、目覚ましがなってもいきなり飛び起きず、布団の中でゆっくりしてから起きるようにしたほうが安全です。

電動歯ブラシはどうやって選ぶ?高いものほどいいの?

電動歯ブラシは毎日のブラッシングを効率的に行えるようになる、現代人の必須アイテムです。ハッキリ言って値段はそこそこ張りますが、節約できる時間と、病気のリスク軽減を考えると十分お金を出す価値はあります。

しかし、電動歯ブラシと一口に言ってもその品質はピンきりであり、どれを選んでも良いというわけではありません。電動歯ブラシはどうやって選べばいいのでしょうか。 「電動歯ブラシはどうやって選ぶ?高いものほどいいの?」の続きを読む…